サイノメル(Cynomel)(甲状腺ホルモン)

サイノメル(Cynomel)(甲状腺ホルモン) の画像
甲状腺機能低下症などに用いる甲状腺ホルモン薬(T3)です。
甲状腺機能低下症などに用います。

※この商品は日本以外への発送は出来ません。

香港発送配送無料
到着予定日
トクトクキャンペーン
現在の支払い方法
先払いで10%OFF!
サイノメル 1箱(30錠)
 
入荷待ち
カート下画像
セール会場はコチラ!

サイノメル(Cynomel)(甲状腺ホルモン) について

製品名: Cynomel 0.025mg
一般名: リオチロニンナトリウム
製造元: サノフィ・アベンティス
薬効分類: 甲状腺ホルモン剤
内容量: 30錠 / 箱
関連の薬: ユーシロクス
チロメル
アーマーサイロイド
エルトロキシン
チロシット
チマゾール
発送国: 香港発送
送料無料REG(国際書留)
発送完了から10-14日到着予定

サイノメル(Cynomel)(甲状腺ホルモン)作用

甲状腺ホルモンを補う甲状腺ホルモン薬(T3)です。甲状腺機能低下症などに用います。不足している甲状腺を補充します。おもに、橋本病など甲状腺炎にともなう甲状腺機能低下症の治療に用います。そのほか特殊な用法として、甲状腺の腫瘍を抑える目的で使う事もあります。別名「チロナミン」「リオチロニンナトリウム」

サイノメル(Cynomel)(甲状腺ホルモン)用法用量

リオチロニンナトリウムとして、通常、成人初回量は1日5〜25μgとし、1〜2週間間隔で次第に少しずつ増量する。維持量は1日25〜75μgとする。なお、年齢、症状により適宜増減する

サイノメル(Cynomel)(甲状腺ホルモン)一般的注意

心筋梗塞を起こしてまもない人には使用できません。心臓に負担をかけるおそれがあるためです。そのほか、心臓病、高血圧、糖尿病、副腎皮質や脳下垂体の働きの悪い人などは注意が必要です。高齢の人も副作用がでやすいので少量を用いるなど慎重に用います。

サイノメル(Cynomel)(甲状腺ホルモン)主な副作用

動悸(ドキドキ感)、脈拍増加、不整脈、ふるえ、不眠、頭痛、めまい、発汗、いらいら感、不安感、食欲不振、吐き気、体重減少、発疹、かゆみ

<注意!>この医薬品 サイノメル(Cynomel)(甲状腺ホルモン) は国内では医師の処方が必要な要指示薬です。上記薬品の説明文は各製品の販売国においての説明書記載内容(英文)を要約したもので、用法用量などが日本国内の医師・薬剤師の指示とは異なる場合があります。従って輸入医薬品の使用にあたっては、ご自身の責任において参考までとしていただき、詳しくは担当医または薬剤師にご相談下さいますようお願い致します。当社ではいかなる責任も負いかねますことをご了解ください。

サイノメル(Cynomel)(甲状腺ホルモン)の口コミ

  ただ今の口コミ数:0
口コミを書く
ページトップへ
  • 初めてご利用の方はコチラ
  • 商品リクエスト
  • メール受信テスト
荷物追跡サービス
ペッツドラッグ
モバイルサイト
モバイルQRコード
カレンダー
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
お問い合わせ