チマゾール(抗甲状腺ホルモン)

チマゾール(抗甲状腺ホルモン) の画像
チマゾール(抗甲状腺ホルモン)は、メルカゾールのジェネリック薬です。
甲状腺ホルモンの働きを抑制し分泌を減少させることで、発汗や微熱、頻拍など様々な症状を改善します。

※この商品は日本以外への発送は出来ません。

香港発送配送無料
到着予定日
トクトクキャンペーン
現在の支払い方法
先払いで10%OFF!
チマゾール 3シート(30錠)
 
取扱終了
チマゾール 10シート(100錠)
 
取扱終了
カート下画像
セール会場はコチラ!

チマゾール(抗甲状腺ホルモン) について

製品名: TIMAZOL 5mg
一般名: メチマゾール
製造元: Sriprasit Pharma Co.,Ltd.
薬効分類: 甲状腺ホルモン剤
日本名: チマゾール/メチマゾール/チアマゾール
内容量: 10錠/シート
関連の薬: サイノメル
ユーシロクス
発送国: 香港発送
送料無料REG(国際書留)
発送完了から10-14日到着予定

インフォメーション

チマゾールは、Sriprasit Pharma Co.,Ltd.が製造する、甲状腺機能亢進症の治療薬です。メルカゾールのジェネリック医薬品です。主に甲状腺ホルモンの働きを抑制し分泌を減少させます。それに伴って、発汗や微熱、頻拍などの様々な症状を改善します。

チマゾール(メチマゾール) 特徴

チマゾール(メチマゾール)の有効成分チアマゾール(メチマゾール)が、体内のヨード量を抑えることで甲状腺ホルモンの異常な合成を抑制します。

チマゾール(メチマゾール)は甲状腺ホルモンによって体の機能が異常に高まる、甲状腺機能亢進症を緩和させます。
甲状腺機能亢進症につながる代表的な病気であるバセドウ病においても、抗甲状腺剤として使用されています。

またバセドウ病以外の甲状腺の手術や、放射線ヨード治療の前に服用することで、血中の甲状腺ホルモン濃度を低下させ、手術や治療の影響を少なくする目的でチマゾール(メチマゾール)が用いられることもあります。

チマゾール(メチマゾール) 用法用量

チマゾール(メチマゾール)は通常、8時間の間隔をあけて1日3回、同じ量を経口服用します。

初期服用量としては、軽度の甲状腺機能亢進症では1日15mg、中度の場合は30〜40mg、重度の場合は60mgを3回に分割します。
維持量は1日5〜15mgです。

高齢者の方は、体重1kgあたり0.4mgの計算で、1日3回に均等に分けて服用します。維持量はその約半量となります。

チマゾール(メチマゾール) 副作用

チマゾール(メチマゾール)の副作用としては、ASTとALTの上昇や、かゆみ、じんましん、おう吐や下痢などさまざまな症状が報告されています。
気になる症状が現れた場合は、すぐに医師にご相談ください。
また成分に対して過敏症などの既往歴がある方は使用が禁止されています。
服用開始から2カ月以内に重篤な無顆粒球症が発症し、死亡に至ったケースがあります。
少なくとも最初の服用から2ヶ月の間は、定期的に血液検査を受けることが警告されています。

<注意!>この医薬品 チマゾール(抗甲状腺ホルモン) は国内では医師の処方が必要な要指示薬です。上記薬品の説明文は各製品の販売国においての説明書記載内容(英文)を要約したもので、用法用量などが日本国内の医師・薬剤師の指示とは異なる場合があります。従って輸入医薬品の使用にあたっては、ご自身の責任において参考までとしていただき、詳しくは担当医または薬剤師にご相談下さいますようお願い致します。当社ではいかなる責任も負いかねますことをご了解ください。

チマゾール(抗甲状腺ホルモン)の口コミ

  ただ今の口コミ数:0
口コミを書く
ページトップへ
  • 初めてご利用の方はコチラ
  • 商品リクエスト
  • メール受信テスト
荷物追跡サービス
ペッツドラッグ
モバイルサイト
モバイルQRコード
カレンダー
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
お問い合わせ