サノモックスG500 (淋病治療)

サノモックスG500 (淋病治療) の画像
サノモックスG500 商品画像 サノモックスG500 メーカー サノモックスG500 錠剤
ペニシリン系の抗生物質です。梅毒・淋病をはじめとする性感染症などの治療に用いられます。
タイ発送配送無料
到着予定日
現在の支払い方法
先払いで10%OFF!
サノモックスG500 1箱
6,200
カートへ
カート下画像
セール会場はコチラ!

サノモックスG500 (淋病治療) について

製品名: Sanomox-G 500
一般名: アモキシシリン500mg
製造元: PHARMAHOF Co.,Ltd.
薬効分類: 淋菌性尿道炎(淋病) / ペニシリン系抗生物質
日本名: サノモックスG500
内容量: 500カプセル / 箱
発送国: タイ発送
送料無料REG(国際書留)
発送完了から7-10日到着予定
関連商品: イビアモックス
アモキシル(アモキシシリン500mg)
アモキシシリン250mg(梅毒・淋病の治療薬)
イビアモックス

サノモックスG500(梅毒・淋病の治療薬) 特徴

梅毒や淋病などのSTD(性感染症)をはじめ、様々な種類の感染症に有効なペニシリン系の抗生物質です。

副作用が少なく安全性は高いです。ピロリ菌性胃潰瘍などにも用いられます。

サノモックスG500(梅毒・淋病の治療薬) 用法用量

《成人》
通常、1回250mg(力価)を1日3〜4回経口服用する。
《小児》
通常、1日20〜40mg(力価)/kgを3〜4回に分割経口服用する。
1日量として最大90mg(力価)/kgを超えないよう注意すること。

サノモックスG500(梅毒・淋病の治療薬) 併用禁忌

  • アモキシシリンに対しアレルギー反応がある方はサノモックスG500を使用できません。
  • アレルギー症状を多く持つ方、腎臓疾患のある方、高齢の方は副作用が出やすい医師に相談してください。
  • 抗血栓薬のワルファリン(ワーファリン)を服用中の方はこの薬を服用しないでください。
  • 感染症の場合、完治まで時間がかかりますので、症状の緩和がみられても自分の判断での服用中止はしてはいけません

サノモックスG500(梅毒・淋病の治療薬) 副作用

胃痛、吐き気、下痢などの胃腸症状など。 

発疹、発熱、痒みなどのアレルギー症状が起こったときは服用を止め、医師にご相談下さい。

サノモックスG500(梅毒・淋病の治療薬) ご注意

  • 25℃以下の涼しい場所で保管して下さい。
  • 子供の手の届かない場所に保管して下さい。

<注意!>この医薬品 サノモックスG500 (淋病治療) は国内では医師の処方が必要な要指示薬です。上記薬品の説明文は各製品の販売国においての説明書記載内容(英文)を要約したもので、用法用量などが日本国内の医師・薬剤師の指示とは異なる場合があります。従って輸入医薬品の使用にあたっては、ご自身の責任において参考までとしていただき、詳しくは担当医または薬剤師にご相談下さいますようお願い致します。当社ではいかなる責任も負いかねますことをご了解ください。

サノモックスG500 (淋病治療)の口コミ

  ただ今の口コミ数:0
口コミを書く
ページトップへ
  • 初めてご利用の方はコチラ
  • 商品リクエスト
  • メール受信テスト
荷物追跡サービス
ペッツドラッグ
モバイルサイト
モバイルQRコード
カレンダー
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
お問い合わせ