イビアモックス

イビアモックス の画像
イビアモックス商品画像 イビアモックスメーカー画像 イビアモックス錠剤画像
梅毒・淋病などSTD(性感染症)をはじめ、様々な感染症に有効なペニシリン系の抗生物質です。
タイ発送配送無料
到着予定日
現在の支払い方法
先払いで10%OFF!
イビアモックス(アモキシシリン) 1箱
2,500
カートへ
イビアモックス(アモキシシリン) 2箱
4,700
カートへ
イビアモックス(アモキシシリン) 3箱
6,200
カートへ
カート下画像
ポイントくじキャンペーンセール会場はコチラ!

イビアモックス について

製品名: Ibiamox
一般名: アモキシシリン  500mg
製造元: イビアモックス製造元
薬効分類: ペニシリン系抗生物質 / 梅毒 / 淋菌性尿道炎(淋病)
日本名: イビアモックス(アモキシシリン)
内容量: 20カプセル / 箱
発送国: タイ発送
送料無料REG(国際書留)
発送完了から7-10日到着予定
関連商品: アモキシシリン250mg(梅毒・淋病の治療薬)
アモキシル(アモキシシリン500mg)
サノモックスG500 (淋病治療)

梅毒・淋病の治療薬「イビアモックス(アモキシシリン)」特徴

イビアモックス(アモキシシリン)は梅毒・淋病などSTD(性感染症)をはじめ、様々な感染症に有効なペニシリン系の抗生物質です。

副作用が少なく安全性が高く、ピロリ菌性胃潰瘍などにも用いられます。

梅毒・淋病の治療薬「イビアモックス(アモキシシリン)」効能

イビアモックス(アモキシシリン)は細菌による腫れ、痛み、発熱に有効な薬です。
梅毒・淋病などのSTD(性感染症)や扁桃炎や咽頭炎、気管支炎、中耳炎などの治療に処方されます。

有効成分のアモキシシリンはペニシリン系抗生物質に位置づけられ、副作用が少なく安全性が高いことが特徴です。

梅毒・淋病の治療薬「イビアモックス(アモキシシリン)」用法

《成人》
通常、1回250mg(力価)を1日3〜4回経口服用する。
《小児》
通常、1日20〜40mg(力価)/kgを3〜4回に分割経口服用する。
1日量として最大90mg(力価)/kgを超えないよう注意すること。
【飲み忘れについて】
飲み忘れた場合は、気がついた時にできるだけ早く飲んでください。
ただし、次に飲む時間が近い場合は、飲み忘れた分は飲まないで1回分を飛ばし、次に飲む時間に1回分を飲んでください。
絶対2回分を一度に飲んではいけません。

梅毒・淋病の治療薬「イビアモックス(アモキシシリン)」副作用

発疹、蕁麻疹、下痢、腹痛、吐き気など

梅毒・淋病の治療薬「イビアモックス(アモキシシリン)」注意

  • アモキシシリンに対しアレルギー反応がある方は本剤を使用できません。
  • アレルギー症状を多く持っている方、腎臓に疾患のある方、高齢の方は副作用がでやすいため医師に相談してください。
  • 抗血栓薬のワルファリン(ワーファリン)を服用中の方は本剤を服用しないでください。
  • 感染症の場合、完治まで時間がかかります。症状の緩和がみられても自己判断での服用中止は避けてください。

<注意!>この医薬品 イビアモックス は国内では医師の処方が必要な要指示薬です。上記薬品の説明文は各製品の販売国においての説明書記載内容(英文)を要約したもので、用法用量などが日本国内の医師・薬剤師の指示とは異なる場合があります。従って輸入医薬品の使用にあたっては、ご自身の責任において参考までとしていただき、詳しくは担当医または薬剤師にご相談下さいますようお願い致します。当社ではいかなる責任も負いかねますことをご了解ください。

イビアモックスの口コミ

  ただ今の口コミ数:0
口コミを書く
もっとみる
ページトップへ
  • 初めてご利用の方はコチラ
  • 商品リクエスト
  • メール受信テスト
ジャンル別ランキング
荷物追跡サービス
ペッツドラッグ
モバイルサイト
モバイルQRコード
カレンダー
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
お問い合わせ