プレガリカ150mg

プレガリカ150mg の画像
プレガリカ150mgは痛みを和らげる効果があります。
有効成分であるプレガバリンには、過剰に興奮した神経から発信される痛みの信号を抑え痛みを和らげる効果があるため、神経の痛みに効果が期待できます。

※この商品は日本以外への発送は出来ません。

香港発送配送無料
到着予定日
現在の支払い方法
先払いで10%OFF!
プレガリカ150mg 1箱(30錠) [香港発送]
4,200
カートへ
プレガリカ150mg 2箱(60錠) [香港発送]
5,800
カートへ
プレガリカ150mg 3箱(90錠) [香港発送]
7,400
カートへ
プレガリカ150mg 4箱(120錠) [香港発送]
9,000
カートへ
カート下画像

プレガリカ150mg について

製品名: Pregarica-150
一般名: プレガリカ
製造元: Healing Pharma
薬効分類: 鎮痛薬(その他)
日本名: プレガリカ150mg
内容量: 30錠 / 箱
発送国: 香港発送
送料無料ePac便(国際eパケットライト)
発送完了から10-14日到着予定
関連商品: ボルタレンサポ 坐薬(解熱鎮痛消炎剤)
ボルタレン徐放錠100mg
イミグランジェネリック(スミトップ)100mg
プロバンサイン15mg(多汗症治療)
プレガバル 75
メチコバール 500μg
アスピリン 81mg(チュワブルオレンジ)
アスピリン500mg

プレガリカ150mgの特徴

プレガリカ150mgの効果・特徴は、痛みを和らげることです。

痛みには神経が圧迫されたり障害されたことによって起こる神経の痛みと、ケガや火傷などによる炎症の痛みに分けることが出来ますが、プレガリカ150mgは神経の痛みに効果を発揮します。
プレガリカの有効成分であるプレガバリンには、過剰に興奮した神経から発信される痛みの信号を抑え痛みを和らげる効果があるため、神経の痛みに効果が期待できます。

線維筋痛症は検査をしても原因が分からないこともありますが、脳が痛みを感じる機能に誤作動が起こることで感じると考えられているため、線維筋痛症の痛みにも効果を発揮するとされています。

プレガリカ150mgの成分

プレガバリン 150mg

プレガリカ150mgの用法用量

治療の目的によって異なり、またいずれの場合でも段階を踏んで増やす必要があります。
まず神経障害性疼痛の初期用量として、プレガバリンを150mgとしてプレガリカ1カプセルを1日2回に分けて経口投与します。
その後、1週間以上かけて1日容量として300mgまで増やしていきます。症状や年齢によって適宜増減しますが、1日の最高容量は600mgを超えないように服用します。
次に線維筋痛症で使用する場合は、上記と同様に1日150mgを1日2回に分けて経口投与し、1週間かけて300mgまで増やします。しかし1日の最高容量は450mgとなり、治療の目的によって1日の最高容量が異なるので注意してください。

プレガリカ150mgの副作用

不眠症や浮動性めまい、回転性めまい、頭痛、便秘、疲労感、口の渇きなどが挙げられます。
また重篤な副作用として意識消失や心不全、肺水腫、腎不全、ショック症状、アナフィラキシーなどが挙げられますので、異変を感じた場合には早急に医療機関を受診しましょう。

<注意!>この医薬品 プレガリカ150mg は国内では医師の処方が必要な要指示薬です。上記薬品の説明文は各製品の販売国においての説明書記載内容(英文)を要約したもので、用法用量などが日本国内の医師・薬剤師の指示とは異なる場合があります。従って輸入医薬品の使用にあたっては、ご自身の責任において参考までとしていただき、詳しくは担当医または薬剤師にご相談下さいますようお願い致します。当社ではいかなる責任も負いかねますことをご了解ください。

プレガリカ150mgの口コミ

  ただ今の口コミ数:0
口コミを書く