ダオニール(糖尿病治療薬)5mg

ダオニール(糖尿病治療薬)5mg の画像
ダオニール商品画像 ダオニールメーカー ダオニール錠剤
スルホニル尿素(SU)系の血糖降下薬です。膵臓を刺激してインスリン(糖分の代謝を助けるホルモン)の分泌を高め、血糖を下げます!
タイ発送配送無料
到着予定日
現在の支払い方法
先払いで10%OFF!
ダオニール 5mg 1箱
3,400
カートへ
ダオニール 5mg 2箱
5,700
カートへ
カート下画像
ログイン割引 セール会場はコチラ!

ダオニール(糖尿病治療薬)5mg について

製品名: Daonil 5mg
一般名: グリベンクラミド5mg
製造元: サノフィアベンティス
薬効分類: 糖尿病治療薬
日本名: ダオニール 5mg
内容量: 100錠 / 箱
発送国: タイ発送
送料無料REG(国際書留)
発送完了から7-10日到着予定

ダオニール(糖尿病治療薬)特徴

ダオニールはスルフォニル尿素系糖尿病治療薬です。
すい臓に作用しインスリンの分泌を増やすことで血糖値を降下させます。

ダオニール(糖尿病治療薬)効能

ダオニールはU型糖尿病治療薬です。
食事療法、運動療法での効果が十分にない場合に処方されます。
有効成分のグリペンクラミンドが膵臓にあるランゲルハンス島のβ細胞を刺激してインスリン分泌を促進します。

ダオニール(糖尿病治療薬)用法用量

通常、1日量グリベンクラミドとして1.25mg〜2.5mgを経口服用する。 ただし、1日最高服用量は10mgとする。

服用方法は、原則として1回服用の場合は朝食前又は後、2回服用の場合は朝夕それぞれ食前又は後に経口服用する。

【飲み忘れについて】
飲み忘れた場合は1回分抜かしてください。絶対に2回分を1度に飲んではいけません。

ダオニール(糖尿病治療薬)副作用

低血糖による、ふるえ、さむけ、動悸、冷や汗、強い空腹感、力の抜けた感じ、目のちらつき、イライラなど

ダオニール(糖尿病治療薬) 一般的注意

※飲み合わせに注意する薬が多くあるため、現在服用中の薬を医師に相談してください。

〔併用禁止の薬〕
肺高血圧症薬ボセンタン(トラクリア)
〔血糖降下作用を強める薬〕
血糖降下薬、解熱鎮痛薬(アスピリンなど)、痛風の薬(プロベネシド)、抗血栓薬(ワルファリン)、高血圧の薬(β遮断薬、ACE阻害薬など)、不整脈の薬(ジソピラミド、ピルメノール、シベンゾリン)、抗菌薬(キノロン系、テトラサイクリン系、クラリスロマイシンなど)、高脂血症の薬(フィブラート系)、抗真菌剤(アゾール系)
〔血糖降下作用を弱める薬〕
ホルモン剤(副腎皮質ホルモン、甲状腺ホルモン、女性ホルモンなど)、利尿薬、結核の薬(イソニアジド、リファンピシン)、安定剤(フェノチアジン系)、抗けいれん薬(フェニトイン)など。

※以下条件に該当する方は注意して本剤を使用してください。

  • 重症ケトーシス、糖尿病性昏睡、1型糖尿病、重い肝臓病や腎臓病、重い感染症、重い外傷、手術前後,、下痢や嘔吐のあるとき、妊娠中。
  • 肝臓や腎臓の悪い人、脳下垂体機能不全、副腎機能不全、栄養不良状態、衰弱状態、不規則な食事やアルコール摂取量の多い人、激しい筋肉運動、高齢の人など。

<注意!>この医薬品 ダオニール(糖尿病治療薬)5mg は国内では医師の処方が必要な要指示薬です。上記薬品の説明文は各製品の販売国においての説明書記載内容(英文)を要約したもので、用法用量などが日本国内の医師・薬剤師の指示とは異なる場合があります。従って輸入医薬品の使用にあたっては、ご自身の責任において参考までとしていただき、詳しくは担当医または薬剤師にご相談下さいますようお願い致します。当社ではいかなる責任も負いかねますことをご了解ください。

ダオニール(糖尿病治療薬)5mgの口コミ

評価:3点  3点   ただ今の口コミ数:1
口コミを書く
さん

評価: 3点


使わない時よりは効果がある程度です。
副作用は全く感じません。
ページトップへ
  • 初めてご利用の方はコチラ
  • 商品リクエスト
  • メール受信テスト
荷物追跡サービス
ペッツドラッグ
モバイルサイト
モバイルQRコード
カレンダー
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
お問い合わせ