ガルバス・メット50mg(2型糖尿病薬)

ガルバス・メット50mg(2型糖尿病薬) の画像
2型糖尿病(インスリン非依存型糖尿病)に用いられるお薬です。
ビルダグリプチンとメトホルミンの複合薬。
体重増加副作用が無いのが特徴です。

※シンガポール商品は日本以外への発送およびEMS発送には対応しておりません。

香港発送シンガポール発送配送無料
到着予定日
トクトクキャンペーン
現在の支払い方法
先払いで10%OFF!
ガルバス・メット50mg 3シート(30錠)[SG]
 
取扱終了
ガルバス・メット50mg 1箱(60錠)[香港]
7,480
カートへ
カート下画像
セール会場はコチラ!

ガルバス・メット50mg(2型糖尿病薬) について

製品名: Galvus Met50mg
一般名: ビルダグリプチン メトホルミン
製造元: ノバルティス・ファーマ
薬効分類: 糖尿病治療薬
日本名: ガルバス・メット
内容量: 60錠/箱 10錠/シート
関連の薬: メルビンジェネリック 500mg / 850mg

ガルバス・メット50mg(糖尿病治療薬)特徴

ビルダグリプチンとメトホルミンの複合薬。体重増加副作用が無いのが特徴です。
糖尿病は、インスリンの量が不足したり、働きが悪くなることで血糖値が上がってしまう病気です。
治療せずに放置すると、手足のしびれなどの神経障害、目の病気(網膜症)、腎臓病などいろいろな合併症を引き起こします。

ガルバス50mgは血糖値を調節するホルモン「インクレチン」を分解する酵素を阻害し、血糖値に応じたインスリンの分泌を促すなどして、血糖コントロールを改善するお薬です。

通常、2型糖尿病の治療に用いられます。

ガルバス・メット50mg(糖尿病治療薬)用法用量

下記の使用量はあくまでも目安となります。
実際の服用においては医師の指示に基づき、適切な量を服用するようにしてください。

【メトホルミンの単剤療法で充分な効果が出ない】
通常、初期服用量として1回1錠を1日2回食事とともに服用。

【ビルダグリプチンとメトホルミン錠剤併用療法からの切り替え】
通常、初期服用量として現在服用しているビルダグリプチンとメトホルミンの服用量と同量になるように服用。

ビルダグリプチンの最大摂取量は1日100mgです。 1日2錠以上は服用しないようにしてください。

ガルバス・メット50mg(糖尿病治療薬)副作用

副作用は特に他の血糖降下薬と併用の場合、低血糖症の発現に注意してください。

低血糖とは、必要以上に血糖値が下がる状態です。
おおよそ血糖値が50mg/dl以下になると低血糖特有のふるえ、さむけ、動悸、冷や汗、強い空腹感、力の抜けた感じ、目のちらつき、イライラ、ぼんやり、といった症状があらわれてきます。
さらに重くなると、気が遠くなり、けいれんを起こしたり意識を失うこともあるので、すぐに糖分を補給するようにしましょう。

<注意!>この医薬品 ガルバス・メット50mg(2型糖尿病薬) は国内では医師の処方が必要な要指示薬です。上記薬品の説明文は各製品の販売国においての説明書記載内容(英文)を要約したもので、用法用量などが日本国内の医師・薬剤師の指示とは異なる場合があります。従って輸入医薬品の使用にあたっては、ご自身の責任において参考までとしていただき、詳しくは担当医または薬剤師にご相談下さいますようお願い致します。当社ではいかなる責任も負いかねますことをご了解ください。

ガルバス・メット50mg(2型糖尿病薬)の口コミ

  ただ今の口コミ数:0
口コミを書く
ページトップへ
  • 初めてご利用の方はコチラ
  • 商品リクエスト
  • メール受信テスト
荷物追跡サービス
ペッツドラッグ
モバイルサイト
モバイルQRコード
カレンダー
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
お問い合わせ