プロベラ100mg

プロベラ100mg の画像
黄体ホルモンを補充し、女性ホルモンの乱れによる様々な症状を緩和します。
月経異常、無月経や切迫流早産などに使用されます。

※この商品は日本以外への発送は出来ません。

香港発送配送無料
到着予定日
ポイントくじキャンペーン
現在の支払い方法
先払いで10%OFF!
プロベラ100mg (100錠)[香港発送]
 
入荷待ち
カート下画像

プロベラ100mg について

製品名: Provera 100mg
一般名: メドロキシプロゲステロン酢酸エステル
製造元: ファイザー
薬効分類: エストロゲン(女性ホルモン剤) / 生理に関する薬
日本名: プロベラ
内容量: 100錠 / 箱
関連の薬: プロベラ5mg
プロベラ10mg
ジェネリック薬: オルガメッド10mg
発送国: 香港発送
送料無料ePac便(国際eパケットライト)
発送完了から10-14日到着予定
ジェネリック薬: メプレート10mg
関連の薬: マレフェMTF10mg(プロベラジェネリック)

プロベラの特徴

女性ホルモンには卵胞ホルモンと黄体ホルモンという二種類があり、そのふたつがバランス良く分泌されている状態が健康な状態だと言えます。
しかし女性ホルモンは色々な物事の影響を受けやすく、バランスが乱れやすいもののひとつです。
月経が正常な状態ではないという時や子宮内膜が十分に厚くならないという状態になってしまう時には黄体ホルモンの分泌量が不足している可能性があります。
そういった状態になると月経異常を引き起こしたり、流早産、不妊症、不正出血などになる可能性があります。

プロベラは黄体ホルモンを補充しホルモンの乱れから起こる症状の軽減が期待できます。
また、女性ホルモンの中でも、特に黄体ホルモンが中心に配合されているということで、卵胞ホルモンではなく黄体ホルモンだけが著しく欠如している状態の時に効果をあらわすということです。

プロベラの成分

通常成人1日2.5〜15mg(1〜6錠)を1〜3回に分割経口投与する。

プロベラの用法容量

1日に2.5mg〜15mgを1〜3回に分けて分割投与します。
使用量は状態に合わせて変化しますが、注意点としては最初から多めに服用しないようにすることです。
量が多いほど副作用も出やすくなるので、まずは少なめの量から始めて、もしも症状が改善しないという時には徐々に服用量を増やしていきましょう。

プロベラの副作用

乳房痛、吐き気、食欲不振、月経量の変化 など

体内の黄体ホルモン量が増えるということは、妊娠をしている状態に近づくということです。
正常なホルモン量の場合には妊娠中のような症状がでることはありませんが、プロベラの服用により黄体ホルモン量が増えて、正常量よりも多くなると妊娠中に感じるような症状が副作用としてあらわれることになります。
そのため、副作用には吐き気や食欲不振といった症状もあります。

<注意!>この医薬品 プロベラ100mg は国内では医師の処方が必要な要指示薬です。上記薬品の説明文は各製品の販売国においての説明書記載内容(英文)を要約したもので、用法用量などが日本国内の医師・薬剤師の指示とは異なる場合があります。従って輸入医薬品の使用にあたっては、ご自身の責任において参考までとしていただき、詳しくは担当医または薬剤師にご相談下さいますようお願い致します。当社ではいかなる責任も負いかねますことをご了解ください。

プロベラ100mgの口コミ

  ただ今の口コミ数:0
口コミを書く
お買い物カゴ
 
モバイルサイト
モバイルQRコード