パリエット

パリエット の画像
胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、逆流性食道炎に対して優れた治癒効果と痛みなどの自覚症状の速やかな改善効果を示します。
タイ発送配送無料
到着予定日
現在の支払い方法
先払いで10%OFF!
パリエット 10mg 1箱(14錠)
4,900
カートへ
パリエット 10mg 2箱(28錠)
8,700
カートへ
パリエット 20mg 1箱(14錠)
6,200
カートへ
パリエット 20mg 2箱(28錠)
11,200
カートへ
カート下画像

パリエット について

製品名: Pariet 10mg/20mg
一般名: ラベプラゾール
製造元: エーザイ
薬効分類: 胃薬
日本名: パリエット錠
内容量: 14錠 / 箱
発送国: タイ発送
送料無料REG(国際書留)
発送完了から7-10日到着予定
関連商品: ラニジン(胃炎のお薬)
コンビチーム(消化異常症状改善)
ドブレン50mg

パリエット 効能

胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、逆流性食道炎、Zollinger‐Ellison症候群

パリエット 用法用量

○胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、Zollinger‐Ellison症候群
通常、成人にはラベプラゾールナトリウムとして1日1回10mgを経口投与するが、病状により1日1回20mgを経口投与することができる。なお、通常、胃潰瘍、吻合部潰瘍では8週間まで、十二指腸潰瘍では6週間までの投与とする。

○逆流性食道炎
通常、成人にはラベプラゾールナトリウムとして1日1回10mgを経口投与するが、病状により1日1回20mgを経口投与することができる。なお、通常、8週間までの投与とする。さらに再発・再燃を繰り返す逆流性食道炎の維持療法においては1日1回10mgを経口投与する。

パリエット 使用上注意

本剤の投与が胃癌による症状を隠蔽することがあるので、悪性でないことを確認のうえ投与する

パリエット 副作用

頭痛、めまい、軟便、下痢、肝機能数値の異常

<注意!>この医薬品 パリエット は国内では医師の処方が必要な要指示薬です。上記薬品の説明文は各製品の販売国においての説明書記載内容(英文)を要約したもので、用法用量などが日本国内の医師・薬剤師の指示とは異なる場合があります。従って輸入医薬品の使用にあたっては、ご自身の責任において参考までとしていただき、詳しくは担当医または薬剤師にご相談下さいますようお願い致します。当社ではいかなる責任も負いかねますことをご了解ください。

パリエットの口コミ

  ただ今の口コミ数:0
口コミを書く
お買い物カゴ
 
モバイルサイト
モバイルQRコード