ラミクタール(抗てんかん薬)

ラミクタール(抗てんかん薬) の画像
ラミクタール 25mg 商品画像 ラミクタール 50mg 商品画像 ラミクタール 100mg 商品画像
ラミクタール(抗てんかん薬)は部分発作をはじめ、部分発作、全般発作の強直間代発作(大発作)、レノックス・ガストー症候群の全般発作など様々なタイプのてんかんに有効です。
双極性障害にも効果があります。

※この商品は日本以外への発送は出来ません。

香港発送配送無料
到着予定日
トクトクキャンペーン
現在の支払い方法
先払いで10%OFF!
ラミクタール(Lamictal) 25mg 1箱(30錠)
11,540
カートへ
ラミクタール(Lamictal) 50mg 1箱(30錠)
12,000
カートへ
ラミクタール(Lamictal) 100mg 1箱(30錠)
17,780
カートへ
カート下画像
セール会場はコチラ!

ラミクタール(抗てんかん薬) について

製品名: Lamictal
一般名: ラモトリギン
製造元: Glaxo Smithkline
薬効分類: 抗てんかん薬 / 抗うつ薬
日本名: ラミクタール
内容量: 30錠/箱
関連の薬: トパマックス25mg
ガバペンチン100mg
ガバチン300mg
カラゼピン
発送国: 香港発送
送料無料REG(国際書留)
発送完了から10-14日到着予定

インフォメーション

ラミクタール(Lamictal)は部分発作をはじめ、いろいろなタイプのてんかんに有効です。部分発作、全般発作の強直間代発作(大発作)、レノックス・ガストー症候群の全般発作などでです。
また、双極性障害にも効果があります。

ラミクタール(Lamictal) 特徴

ラミクタール(Lamictal)は、興奮性の神経伝達物質の遊離を抑制して神経の過剰な興奮を抑え、けいれん発作を起こしにくくします。
通常、部分発作、強直間代発作などのてんかん発作に他の抗てんかん薬との併用療法に用いられます。

ラミクタール(Lamictal) 用法用量

≫バルプロ酸ナトリウムを併用
成人:通常、成人は初めの2週間は1回につき主成分として25mgを1日おきに1回服用し、次の2週間は1日につき25mgを1回服用します。
以後、1〜2週間ごとに25〜50mgずつ徐々に増量されます。
維持量は1日100〜200mgを2回に分けて服用するとされています。

小児:通常、小児は初めの2週間は1日体重あたり0.15mg/kgを1回に服用し、次の2週間は1日0.3mg/kgを1回に服用します。
以後、1〜2週間ごとに最大0.3mg/kgずつ徐々に増量されます。
維持量はバルプロ酸ナトリウムに加えてカルバマゼピン、フェニトイン、フェノバルビタール、プリミドンを服用している場合は1日1〜5mg/kg、バルプロ酸ナトリウムだけの場合は1日1〜3mg/kgを2回に分けて服用するとされていますが、いずれも1日最大量は200mgまでとされています。

≫バルプロ酸ナトリウム以外の抗てんかん薬(カルバマゼピン、フェニトイン、フェノバルビタール、プリミドンなど)を併用
成人:通常、成人は初めの2週間は1日につき主成分として50mgを1回に服用し、次の2週間は1日100mgを2回に分けて服用します。
以後、1〜2週間ごとに最大100mgずつ徐々に増量され、維持量は1日200〜400mgを2回に分けて服用するとされています。

小児:通常、小児は初めの2週間は1日体重あたり0.6mg/kgを2回に分けて服用し、次の2週間は1日1.2mg/kgを2回に分けて服用します。
以後、1〜2週間ごとに最大1.2mg/kgずつ徐々に増量され、維持量は1日5〜15mg/kgを2回に分けて服用するとされていますが、1日最大量は400mgまでとされています。

≫バルプロ酸ナトリウム以外の抗てんかん薬(ゾニサミド、ガバペンチン、トピラマートなど)を併用
成人:通常、成人は初めの2週間は1回につき主成分として25mgを1日おきに1回服用し、次の2週間は1回25mgを1日1回服用します。
以後、1〜2週間ごとに25〜50mgずつ徐々に増量されます。
維持量は1日100〜200mgを2回に分けて服用するとされています。

小児:通常、小児は初めの2週間は1日体重あたり0.15mg/kgを1回に服用し、次の2週間は1日0.3mg/kgを1回に服用します。
以後、1〜2週間ごとに最大0.3mg/kgずつ徐々に増量されます。維持量は1日1〜3mg/kgを2回に分けて服用するとされていますが、1日最大量は200mgまでとされています。

ラミクタール(Lamictal)の飲み忘れに気づいた場合は、気がついた時に1回分を飲んでください。
ただし、次の飲む時間が近い場合は1回とばして次の決められた時間に1回分を飲んでください。絶対に2回分を一度に飲んではいけません。誤って多く飲んだ場合は医師または薬剤師に相談してください。

医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。

ラミクタール(Lamictal) 主な副作用

ラミクタール(Lamictal)の主な副作用として、傾眠(意識がぼんやりする)、めまい、発疹などが報告されています。
このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談して下さい。

ラミクタール(Lamictal) ご注意

  • 飲む量や回数を必ず守って下さい。
  • 医師の指示どおりに飲み続けるようにして下さい。自分だけの判断で急にやめてしまうと、重いけいれん発作を起こすおそれがあります。
  • 体に異常が現れた場合は、すぐ医師に連絡して下さい。
  • 他の医薬品やサプリメントを同時に服用する場合は、必ず医師または薬剤師にご相談下さい。
  • ラミクタール(Lamictal)の成分にアレルギーがあることが分かっている場合は、絶対に使用しないで下さい。

<注意!>この医薬品 ラミクタール(抗てんかん薬) は国内では医師の処方が必要な要指示薬です。上記薬品の説明文は各製品の販売国においての説明書記載内容(英文)を要約したもので、用法用量などが日本国内の医師・薬剤師の指示とは異なる場合があります。従って輸入医薬品の使用にあたっては、ご自身の責任において参考までとしていただき、詳しくは担当医または薬剤師にご相談下さいますようお願い致します。当社ではいかなる責任も負いかねますことをご了解ください。

ラミクタール(抗てんかん薬)の口コミ

  ただ今の口コミ数:0
口コミを書く
ページトップへ
  • 初めてご利用の方はコチラ
  • 商品リクエスト
  • メール受信テスト
ジャンル別ランキング

Best1

ハイプナイト(エスゾピクロン)の画像
ハイプナイト(エスゾピクロン)(抗不安薬・不眠症の薬)

Best2

バスピン5mg/10mgの画像
バスピン5mg/10mg(抗不安薬・不眠症の薬)

Best3

ベンラーXRの画像
ベンラーXR(抗うつ薬)

Best4

セロクエル錠の画像
セロクエル錠(抗不安薬・不眠症の薬)

Best5

デパケンの画像
デパケン(抗てんかん薬)
荷物追跡サービス
ペッツドラッグ
モバイルサイト
モバイルQRコード
カレンダー
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
お問い合わせ