プレタール錠 50mg

プレタール錠 50mg の画像
プレタール錠(シロスタゾール)は血小板の働きを抑えることで血液が固まるのを防ぎ、血栓による脳梗塞などを予防しまた血管拡張作用により慢性動脈閉塞症に伴う手足の痛みや冷えを改善してくれます。
タイ発送配送無料
到着予定日
現在の支払い方法
先払いで10%OFF!
プレタール錠 50mg 1箱
13,000
カートへ
プレタール錠 50mg 2箱
22,400
カートへ
カート下画像
セール会場はコチラ!

プレタール錠 50mg について

製品名: Pletaal Tablets 50mg
一般名: シロスタゾール
製造元: 大塚製薬 (Otsuka)
薬効分類: 脳循環改善薬
日本名: プレタール錠 50mg
内容量: 100錠/箱
発送国: タイ発送
送料無料REG(国際書留)
発送完了から7-10日到着予定

インフォメーション

プレタール錠(シロスタゾール)は血小板の働きを抑えることで血液が固まるのを防ぎ、血栓による脳梗塞などを予防しまた血管拡張作用により慢性動脈閉塞症に伴う手足の痛みや冷えを改善してくれます。

プレタール錠 効能

脳梗塞(心原性脳塞栓症を除く)発症後の再発抑制
慢性動脈閉塞症に基づく潰瘍、疼痛及び冷感等の虚血性諸症状の改善

プレタール錠 用法用量

通常、成人は、シロスタゾールとして1回100mg(2錠)を1日2回経口服用する。
なお、年齢・症状により適宜増減する。
※用法用量は症状により異なります。医師の指示を必ずお守りください。

アスピリンの比較臨床試験

シロスタゾールは、その血管内皮機能の改善と血管保護効果により、クモ膜下出血の後遺症を抑制し、機能予後を改善する可能性があるとされています。
アスピリンやプロビックスは血小板にのみ作用するため出血傾向が強いとされていますが、シロスタゾールは血小板と血管内皮細胞の両方に作用するため、出血が少なくなると考えられています。
また、2003年から2008年に脳梗塞患者2757人を対象に行われたシロスタゾールとアスピリンの比較臨床試験において、シロスタゾールが脳卒中の再発率をアスピリンよりも26%低く抑えるうえ、出血のリスクも54%低くするという結果が出ています。

プレタール錠 服用し忘れた場合

気付いたときにすぐに服用してください。
次回の服用時間が近い場合は、服用し忘れた分は飛ばして、次回分から服用してください。
2回分を1回に服用することは絶対におやめください。

プレタール錠 副作用

頭痛や頭重感、歯ぐきの出血、鼻血、皮下出血、血尿、動悸など。

プレタール錠 一般的注意

以下の場合、プラビックス75mgを絶対に服用しないでください。

  • 出血している人(血友病、頭蓋内出血、消化管出血、尿路出血、喀血、硝子体出血など)
  • プラビックス75mgの成分に対し過敏症の既往歴のある人
  • 妊婦または妊娠している可能性のある人。

次の場合、出血の危険性が高くなるおそれがあるため、プラビックス75mgを慎重に服用してください。
  • 出血傾向およびその素因のある人
  • 重篤な肝障害のある人
  • 重篤な腎障害のある人
  • 高血圧が持続している人
  • 高齢者
  • 低体重の人

<注意!>この医薬品 プレタール錠 50mg は国内では医師の処方が必要な要指示薬です。上記薬品の説明文は各製品の販売国においての説明書記載内容(英文)を要約したもので、用法用量などが日本国内の医師・薬剤師の指示とは異なる場合があります。従って輸入医薬品の使用にあたっては、ご自身の責任において参考までとしていただき、詳しくは担当医または薬剤師にご相談下さいますようお願い致します。当社ではいかなる責任も負いかねますことをご了解ください。

プレタール錠 50mgの口コミ

  ただ今の口コミ数:0
口コミを書く
ページトップへ
  • 初めてご利用の方はコチラ
  • 商品リクエスト
  • メール受信テスト
荷物追跡サービス
ペッツドラッグ
モバイルサイト
モバイルQRコード
カレンダー
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お問い合わせ