ヴァギフェム膣内錠10mcg

ヴァギフェム膣内錠10mcg の画像
閉経後膣炎(老人性膣炎、委縮性膣炎)の治療に。
使い捨てアプリケーター(挿入器)付きエストラジオール(卵胞ホルモン)膣坐薬(膣錠)。
膣炎による乾燥感・痛み・性交痛などの症状を和らげることに効果を発揮します。

※この商品は日本以外への発送は出来ません。

香港発送配送無料
到着予定日
トクトクキャンペーン
現在の支払い方法
先払いで10%OFF!
ヴァギフェム膣内錠10mcg 1箱(18錠) [香港発送]
5,000
カートへ
ヴァギフェム膣内錠10mcg 2箱(36錠) [香港発送]
8,800
カートへ
カート下画像
セール会場はコチラ!

ヴァギフェム膣内錠10mcg について

製品名: Vagifem
一般名: エストラジオール膣錠
製造元: Novo Nordisk
薬効分類: エストロゲン(女性ホルモン剤) / 生理に関する薬
内容量: 18錠 / 箱
発送国: 香港発送
送料無料REG(国際書留)
発送完了から10-14日到着予定

インフォメーション

閉経後膣炎(老人性膣炎、委縮性膣炎)の治療に。
使い捨てアプリケーター(挿入器)付きエストラジオール(卵胞ホルモン)膣坐薬(膣錠)。
膣炎による乾燥感・痛み・性交痛などの症状を和らげることに効果を発揮します。

ヴァギフェム膣内錠10mcg効能

ヴァギフェム膣内錠10mcgの有効成分・エストラジオールは、エストロゲン(卵胞ホルモン)と呼ばれる性ホルモンで黄体ホルモンと同様に生殖腺を刺激します。
膣内に直接エストラジオールの錠剤を投与する事で効率よく不足しているエストロゲン(卵胞ホルモン)を補うことができます。
また、錠剤はアプリケーターに1回分が収められているので、投与の際、直接指や手などで性器に触れる必要が無く清潔な状態で簡単に薬を投与する事ができます。

ヴァギフェム膣内錠10mcg用法用量

初回投与として成人1日1回膣内投与を2週間続けて下さい。
2週間後からは週2回・1日1回投与をして下さい。
尚、週2回投与に切り替えた際は、投与の間隔を3〜4日空けて投与して下さい。

投与方法
1、手を石鹸などで洗い清潔なタオルで乾かして下さい
2、1回分のパッケージを開封して下さい
3、投与しやすい体勢をとり、リラックスして下さい
4、アプリケーターをゆっくりと膣に挿入して下さい。
その時、錠剤ができるだけ膣内部に入るように調節して下さい
5、アプリケーター上部をカチッと音がするまで押して下さい。
そうする事によりアプリケーター内部の錠剤が膣内へ投与されます。
6、使用後のアプリケーターを捨てて下さい。

ヴァギフェム膣内錠10mcg主な副作用

倦怠感、疲労感、眩暈、ふらつき、熱感、むくみ、意識混濁、ほてり、視力低下など

<注意!>この医薬品 ヴァギフェム膣内錠10mcg は国内では医師の処方が必要な要指示薬です。上記薬品の説明文は各製品の販売国においての説明書記載内容(英文)を要約したもので、用法用量などが日本国内の医師・薬剤師の指示とは異なる場合があります。従って輸入医薬品の使用にあたっては、ご自身の責任において参考までとしていただき、詳しくは担当医または薬剤師にご相談下さいますようお願い致します。当社ではいかなる責任も負いかねますことをご了解ください。

ヴァギフェム膣内錠10mcgの口コミ

  ただ今の口コミ数:0
口コミを書く
ページトップへ
  • 初めてご利用の方はコチラ
  • 商品リクエスト
  • メール受信テスト
荷物追跡サービス
ペッツドラッグ
モバイルサイト
モバイルQRコード
カレンダー
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
お問い合わせ