クラリス 500mg

クラリス 500mg の画像
グラム陽性菌・ピロリ菌・クラミジア菌に対する抗生物質です。
表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症 外傷・熱傷及び手術創等の二次感染 肛門周囲膿瘍 咽頭・喉頭炎、扁桃炎等。

※シンガポール商品は日本以外への発送は対応しておりません。

タイ発送シンガポール発送配送無料
到着予定日
到着予定日
セール会場はコチラ!
現在の支払い方法
先払いで10%OFF!
クラリス 500mg (14錠)[タイ発送] [SALE]
4,300 → 3,800
カートへ
クラリス 500mg (28錠)[タイ発送] [SALE]
7,200 → 5,900
カートへ
クラリス 500mg (56錠)[タイ発送] [SALE]
12,900 → 10,000
カートへ
クラリスロマイシン500mg (4錠) [SG発送]
2,500
カートへ
クラリスロマイシン500mg (12錠) [SG発送]
4,500
カートへ
クラリスロマイシン500mg (20錠) [SG発送]
6,500
カートへ
クラリスロマイシン500mg (40錠) [SG発送]
8,400
カートへ
クラリスロマイシン500mg (80錠) [SG発送]
13,000
カートへ
カート下画像

クラリス 500mg について

製品名: CLARITH 500mg
一般名: クラリスロマイシン
製造元: L.B.S LABORATORY LTD.,PART.
薬効分類: クラミジア / マクロライド系抗生物質 / クラミジア
日本名: クラリスロマイシン錠
内容量: 14錠 / 箱
4錠 / 箱
発送国: タイ発送
送料無料REG(国際書留)
発送完了から7-10日到着予定
発送国: シンガポール発送
送料無料ePac便(国際eパケットライト)
発送完了から10-14日到着予定
関連商品: クラリス250mg(クラリスロマイシン)
ジェニナックジェネリック200mg
クラロン
クラシッドMR
カリシン(抗生剤)
セフジトレンピボキシル200mg

クラリス(クラミジアの治療薬)とは?特徴について

日本で処方されているクラリスと同成分のマクロライド系抗生物質です。
有効成分は同じクラリスロマイシンで体に入ってきた細菌のたんぱく質の合成を阻害する作用があります。
主にクラリスは細菌を殺して感染症を治療するお薬として処方されます。

グラム陽性菌や陰性菌(一部)やマイコプラズマやクラミジアの菌にも有効です。
他にも、胃潰瘍・十二指腸潰瘍の原因の1つであるヘリコバクター・ピロリ菌を除菌する作用で胃の炎症や潰瘍の改善薬としても利用されています。


同じマクロライド系のお薬の中では抗菌力が強いとされています。

様々な細菌に対して有効なお薬なので、呼吸器や耳鼻科、泌尿器科など広く使われています。
風邪を引いた時にクラリスも処方されることがありますが、風邪の治療としてはクラリスは有効ではなく細菌の二次感染を防止するために使われます。

クラリス(クラミジアの治療薬)効果・効能

適応菌種

  • ブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、モラクセラ(ブランハメラ)・カタラーリス、インフルエンザ菌、レジオネラ属、カンピロバクター属、ペプトストレプトコッカス属、クラミジア属、マイコプラズマ属

適応症

  • 表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症
  • 外傷・熱傷及び手術創等の二次感染
  • 肛門周囲膿瘍
  • 咽頭・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、慢性呼吸器病変の二次感染
  • 尿道炎
  • 子宮頸管炎
  • 感染性腸炎
  • 中耳炎、副鼻腔炎
  • 歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎

クラリス(クラミジアの治療薬)用法・容量

通常、1日量クラリス500mg(力価)を2回に分けて経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。
クラミジア感染症に対する本剤の投与期間は原則として14日間とし、必要に応じて更に投与期間を延長する。

クラリス(クラミジアの治療薬)併用禁忌薬・飲み合わせ

基本、服用している薬があれば医師にご確認ください。
コルヒチンを服用している方は使用できません。
精神科系の薬のピモジド(オーラップ)はクラリスと併用により不整脈など心血管系副作用が起こりやすくなるため併用できません。
その他、副作用を高める危険性がある薬が頭痛薬の「クリアミン」と「ジヒデルゴット」、C型慢性肝炎治療薬の「アスナプレビル(スンベプラ)」と「バニプレビル(バニヘップ)」、肺高血圧症治療薬の「タダラフィル(アドシルカ)」があります。

併用が要注意のお薬や併用する際は服用量を調整しないといけない場合がありますので詳しくは使用中のお薬を医師に伝えてください。

クラリス(クラミジアの治療薬)主な副作用

発疹、下痢など

クラリス(クラミジアの治療薬)一般的注意

クラリスの使用にあたっては、耐性菌の発現等を防ぐため、原則として感受性を確認し、疾病の治療上必要な最小限の期間の投与にとどめること。

クラリス(クラミジアの治療薬)禁忌

  • クラリス(クラリスロマイシン)に対して過敏症の既往歴のある患者
  • ピモジド、エルゴタミン含有製剤、シサプリドを投与中の患者

<注意!>この医薬品 クラリス 500mg は国内では医師の処方が必要な要指示薬です。上記薬品の説明文は各製品の販売国においての説明書記載内容(英文)を要約したもので、用法用量などが日本国内の医師・薬剤師の指示とは異なる場合があります。従って輸入医薬品の使用にあたっては、ご自身の責任において参考までとしていただき、詳しくは担当医または薬剤師にご相談下さいますようお願い致します。当社ではいかなる責任も負いかねますことをご了解ください。

クラリス 500mgの口コミ

評価:4.3点  4.3点   ただ今の口コミ数:51
口コミを書く
さん

評価: 4点


仕事が忙しくなかなか病院にいけなくて、以前胃潰瘍で病院に行った時に処方してもらったものと同じ成分のものを個人的に購入しました。私の場合は胃があれてて痛いすぎる時にのんだり、クラミジアで病院に行くひまがない時に飲んでます。症状はすぐにおさまるので、ある意味キツイ薬なんだろうなと思っています。
さん

評価: 4点


冬になるとすぐに喉が痛くなります。扁桃炎に効果があるそうで、試してみたいと思い個人輸入してみることにしました。症状が現れた時に試してみたのですが、痛みがなくなり症状が改善しほっとすることができました。迷いましたが購入してよかったです。
さん

評価: 3点


色々な場面でお世話になるクラリス。お腹がゆるくなりますが、その分効いているとわかりますし安定した効き目です。飲みにくいという形状でもなく炎症を伴う症状や感染症予防に優れた効果があるかと思います。
もっとみる