idrugmart?????

ピルの副作用まとめ

      2018/07/29

d409e19a8f506ddd0f428e3b41bb1f02_m

「ピルで避妊をしたいけれど、副作用が怖い…」と、ピルの服用をためらっている人は少なくないのではないでしょうか。確かに、ピルにはいくつかの副作用があります。しかしそれだけではなく、避妊以外の効果もあるのです。
ここでは、ピルの副作用およびピルの避妊以外の効果についてご紹介します。

 

ピルで避妊ができるメカニズム

168ba4d1a935f7c56e3bf02fabb96ef9_m

ピルには女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2つが含まれており、体内のホルモンバランスを保ちます。これによって性周期の出発点である性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)の分泌がなくなるため、排卵が起きなくなります。
 
また、ピルを飲むと子宮内膜が着床に適した状態にならなくなります。受精卵が着床するためには、子宮内膜が厚くて柔らかい状態になっている必要があります。しかし、ピルを飲むと子宮内膜が十分な厚さにならないため、妊娠の成立を阻止できます。
 
そして、子宮経管粘膜を変化させることもピルの重要な働きの1つです。精子は子宮頚管を通って子宮へと向かいますが、ピルを飲むと子宮経管粘膜に粘り気が出るため精子が通りにくくなります。
以上が、ピルで避妊ができるメカニズムです。毎日きちんとピルの服用を続ければ、ほぼ確実な避妊ができるといえるでしょう。

 

ピルの主な副作用

bench-1853958_1920

ピルを服用するなら、まずは副作用について正しく理解することが大切です。ここでは、ピルの主な副作用をご紹介します。

吐き気・頭痛・倦怠感

ピルの副作用で最も発現頻度が高いのが、「吐き気」「頭痛」「倦怠感」の3つです。これは、ピルの服用によって体内のホルモンバランスが変化することが原因。ピルを継続して飲み続ければ、ほとんどの場合は自然に解消されるようです。

不正出血

ピルを飲むと女性ホルモンの働きによって子宮内膜が作られ、この子宮内膜が剥がれ落ちることによって不正出血が起こります。つまり、メカニズムとしては生理とほぼ同様だといえます。飲み始めの頃の不正出血はそれほど問題ありませんが、3シートほど飲んでも不正出血がおさまらないときは病院での受診をおすすめします。

乳房の張り・痛み

一時的に乳房が張りやすくなり、痛みが出ることもあります。多くの場合はピルを飲み続けるうちに次第と落ち着いてきますが、なかなか改善されないときは医師に相談しましょう。他のピルに変更するなどの対処をしてくれるはずですよ。

むくみ

女性ホルモンには、体内から塩分が排泄されるのを防ぐ働きがあります。それに伴って水分も排泄されにくくなり、むくみへとつながります。

体重増加

ピルに含まれる女性ホルモンの影響で食欲が増すため、体重が増えやすくなります。ピルの服用中は、いつも以上にしっかりと食事管理をするようにしてください。

血栓症

ピルの稀な副作用の中で代表的なものが、血栓症です。これは、ピルには血液を固まりやすくさせる作用があるためです。血栓症はピルの服用を開始して最初の周期に発症する確率が高いといわれているので、その時期は特に注意してください。

 

ピルの避妊以外の効果

f68721bc7599a0784f8d4ae8bc6a07b3_s

避妊目的で使われることが多いピルですが、実は他にもたくさんの効果があります。ここでは、それらの効果をみていきましょう。

生理痛の緩和

生理は、子宮内膜がはがれ落ちて体外に排出される現象です。しかし、ピルを使っていると子宮内膜が通常ほど厚くならないため、生理痛が緩和されます。さらに経血量が少なくなるのでナプキンを取り替える回数が減り、生理中のストレスが軽減されます。

生理不順の改善

ピルを使うと、生活習慣や精神的ストレスにかかわらずホルモンバランスが保たれるようになります。そのため生理周期が一定になり、生理不順が改善されます。

子宮内膜症の改善

子宮内膜症はひどい腹痛を伴う病気で、生理のたびに症状が進行するといわれています。ピルを服用すると排卵が抑制されるため、子宮内膜症の改善へとつながります。

月経前症候群(PMS)の改善

ピルを飲むとホルモン量が安定し、急激に出過ぎたり減りすぎたりすることがなくなります。PMSの症状によってイライラしたりだるくなったりすると日常生活に支障をきたすこともありますが、ピルを飲むことによってその悩みはすぐに解消できます。

子宮がんリスクの低下

生理による子宮の損傷は、子宮がんの原因になると考えられています。ピルによって毎月の生理が軽くなれば子宮に対するダメージも軽くなるため、子宮がんのリスクが減るとされています。

肌荒れの改善

肌荒れやニキビの原因の1つが、男性ホルモンです。ピルの中には男性ホルモンを抑制するタイプのものもあるため、美肌効果が期待できます。

 

ピルについて正しく理解しよう

ピルは副作用があるため、悪い印象ばかりが先行しがちです。しかし、副作用だけではなく良い効果もあることを見逃してはいけません。さらに、きちんとピルを服用した場合の避妊成功率はほぼ100%。コンドームよりもずっと確実に避妊できます。
 
大切なのは、ピルについて正しく理解することです。そのうえで、ピルを使用すべきかどうかをじっくりと検討してはいかがでしょうか。

 - 婦人・女性の悩み

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

a3e8c205291593b460ca1cc2b870c2d5_s
産後でも妊娠するって本当?避妊でピルを服用するのはOK?

「産後は妊娠しない」と思っている人もいますが、そんなことはありません。出産して間 …

shutterstock_135468821
女性主体での避妊ができる!「女性用コンドーム」について【避妊率の高い避妊具とは】

望まない妊娠を避けるためには、正しく避妊することが必要不可欠です。世の中にはたく …

f68721bc7599a0784f8d4ae8bc6a07b3_s
中用量ピルのジェニーはどのような効果があるの?通販で買える?

ジェニーはノルゲストレル0.50mgとエチニルエストラジオール0.05mgが配合 …

eye-2163237_960_720
ルミガンでまつ毛が伸びる?その成分や副作用についてご紹介します

まつ毛が多いか少ないかで、目力や顔の印象はガラッと変わるものですよね。まつ毛を増 …

shutterstock_584570179
避妊の方法5選【もっとも手軽で試しやすいものは?】

セックスをするときにまず考えなければいけないのは、望まない妊娠を避けるということ …

oral
効果がない?ジェニー(中用量ピル)で避妊効果を高めるための正しい飲み方

ジェニーは、低用量ピルよりも多くのホルモンが含有されている「中用量ピル」です。避 …

adventure-2579921_1920
安全にルミガンを購入する方法はどんなものがある?

長くて美しいまつ毛を目指したい人にぜひおすすめしたい人気のまつ毛美容液が「ルミガ …

beautiful-2315_1920
今話題のまつ毛美容液ルミガン。本当に効果あるの?

ルミガンは、緑内障およびまつ毛貧毛症の治療薬です。そして、最近ではまつ毛美容液と …

生理前症候群(PMS)について
生理前症候群の症状について

生理前になると不安やイライラが 生理前症候群(PMS)は、生理前緊張症とも呼ばれ …

ygjdmfsuystu
ボルタレンは辛い生理痛に効く!その理由とは?

生理痛を抑えるために痛み止めを服用する女性は多いですよね。ボルタレンも、生理痛に …