idrugmart?????

生理前症候群の症状について

      2016/08/16

生理前になると不安やイライラが

生理前症候群(PMS)は、生理前緊張症とも呼ばれますが、近ごろ、生理痛同様女性を悩ませていると話題になってきています。

生理前症候群の症状で生理の前になると、イライラ・眠気がきつい・逆に眠れない・不安がつのるといった症状が出ます。これは、血液中の女性ホルモンのエストロゲンが多くなり、プロゲステロンという別の女性ホルモンの分泌が低下して、女性ホルモンのバランスが崩れるのが原因のことが多いようです。

そこでビタミンB6を。B6は、ホルモンのバランスをよくする役目を果たすといわれています。生理痛に効果があるというビタミンEは、PMSのイライラ解消にも効果がありそうです。ミネラルのマグネシウムの補給も生理前に顔や足がむくむ、乳房が張る、体重が増えるといった症状のある人には効果があります。マグネシウムの不足が副賢皮膚に影響を与え、体内の水分が過剰な状態になってしまうというのです。マグネシウムは、体に余分な水分が蓄積するのを制御する働きがあります。

生理痛がひどくてつらい

女性なら人生のうち30~40年は、毎月生理がやってきます。

生理中は腰痛・腹痛や頭痛などさまざまな不快に悩まされることが多いもの。

ひどい生理痛の場合、婦人科の病気のこともあるので、一度専門医の診察を受けましょう。病気の心配がない場合はビタミンEを。以前イギリスの医学雑誌がビタミンEに生理痛の鎮静効果があると発表したこともありました。

最近、別の研究でも人の体が自分で作る麻酔のような物質、エンドルフィンの分泌を促進して、生理痛の痛みをやわらげるとしています。

精神状態をよくし、神経をタフに元気にする「精神的ビタミン」といわれるB1をはじめとするビタミンB群は、生理時のうつな気分を軽くしてくれるでしょう。

 - 婦人・女性の悩み

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ygjdmfsuystu
ボルタレンは辛い生理痛に効く!その理由とは?

生理痛を抑えるために痛み止めを服用する女性は多いですよね。ボルタレンも、生理痛に …