フラレックス

フラレックス の画像
フラレックスは目の炎症を抑えるアレルギー目薬です。 花粉症、結膜炎、角膜炎、ブドウ膜炎、手術後の炎症などによる目のかゆみ、腫れ、痛みに効果的です。

※この商品は日本以外への発送は出来ません。

シンガポール発送配送無料
到着予定日
現在の支払い方法
先払いで10%OFF!
フラレックス 1本
2,280
カートへ
フラレックス 2本
3,220
カートへ
フラレックス 3本
4,160
カートへ
カート下画像

フラレックス について

製品名: Flarex0.1%
一般名: フルオロメトロン 0.1%
製造元: Alcon-Laboratories
薬効分類: 抗アレルギー点眼液 / 眼の薬
日本名: フラレックス/フルメトロン点眼液
内容量 5ml /本
発送国: シンガポール発送
送料無料REG(国際書留)
発送完了から7-10日到着予定

フラレックス(抗アレルギー薬)の特徴

フラレックスはステロイドの目薬で、炎症を抑える強力な作用を持ったアレルギー薬です。

有効成分のフルオロメトロンは高濃度の場合症状の重い視力障害にも使用される成分で、本剤は0.1%の低濃度のため花粉症などのアレルギー性結膜炎に有効です。 他にも、眼瞼炎、結膜炎、角膜炎、強膜炎、上強膜炎、虹彩炎、虹彩毛様体炎、ブドウ膜炎、術後炎症などの症状にも適応します。

ステロイド目薬としては作用は穏やかなのが特徴で、成分が眼内へ移行することや眼圧上昇などの副作用が少く安全性が高いと言えます。
また、フラレックスの液状はトロトロしているため目の表面に長くとどまり炎症を緩和しやすくなっています。

フラレックス(抗アレルギー薬)の用法用量

容器を良く振って1回1〜2滴を1日2〜4回点眼してください。
点眼液が目以外に付着した場合はかぶれる可能性があるため、すぐにふき取ってください。

フラレックス(抗アレルギー薬)の副作用

刺激感、充血、まぶたの腫れ、傷の治癒が遅れる(目)など 副作用はほとんど心配ありません。
万が一症状が重い場合は早めに医師に相談してください。

フラレックス(抗アレルギー薬)の使用上注意

  • 角膜上皮はく離や角膜潰瘍のある場合は症状が悪化する恐れがあるため使用しないでください。
  • ウイルスや結核、真菌(カビ)などによる目の感染症の場合は症状が悪化する恐れがあるため使用しないでください。

<注意!>この医薬品 フラレックス は国内では医師の処方が必要な要指示薬です。上記薬品の説明文は各製品の販売国においての説明書記載内容(英文)を要約したもので、用法用量などが日本国内の医師・薬剤師の指示とは異なる場合があります。従って輸入医薬品の使用にあたっては、ご自身の責任において参考までとしていただき、詳しくは担当医または薬剤師にご相談下さいますようお願い致します。当社ではいかなる責任も負いかねますことをご了解ください。

フラレックスの口コミ

  ただ今の口コミ数:0
口コミを書く
もっとみる
ページトップへ
  • 初めてご利用の方はコチラ
  • 商品リクエスト
  • メール受信テスト
ジャンル別ランキング

Best1

ベネトリン吸入の画像
ベネトリン吸入(喘息の薬)

Best2

ロリータの画像
ロリータ(抗アレルギー薬)

Best3

ベロテックエロゾルの画像
ベロテックエロゾル(喘息の薬)

Best4

セレタイド吸入剤の画像
セレタイド吸入剤(喘息の薬)

Best5

セロフロ吸入剤の画像
セロフロ吸入剤(喘息の薬)
荷物追跡サービス
ペッツドラッグ
モバイルサイト
モバイルQRコード
カレンダー
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
お問い合わせ