トリダームクリーム(副腎皮質ステロイド)

トリダームクリーム(副腎皮質ステロイド) の画像
トリダームクリーム(副腎皮質ステロイド)は、ステロイド剤「ベタメタゾンジプロピオン酸エステル」が成分の外用剤で、皮膚の炎症による腫れや赤みをおさえ、かゆみや痛みを和らげます。

※この商品は日本以外への発送は出来ません。

香港発送配送無料
到着予定日
現在の支払い方法
先払いで10%OFF!
トリダームクリーム 15g×1本
 
取扱終了
トリダームクリーム 15g×2本
 
取扱終了
トリダームクリーム 15g×3本
 
取扱終了
カート下画像
ログイン割引 セール会場はコチラ!

トリダームクリーム(副腎皮質ステロイド) について

製品名: Triderm Cream
成分名: ベタメタゾンジプロピオン酸エステル
クロトリマゾール
製造元: シェーリング・プラウ
薬効分類: 皮膚炎治療薬
日本名: トリダームクリーム
内容量: 15g
関連の薬: ベトネベートNクリーム
ベトネベート
発送国: 香港発送
送料無料REG(国際書留)
発送完了から10-14日到着予定
関連商品: コスベートGクリーム

インフォメーション

トリダームクリーム(ステロイド剤)は、Schering-Plough社が製造するステロイド(副腎皮質ホルモン)外用薬です。
シオノギ製薬のリンデロン軟膏と同じ成分であり、有効成分ベタメタゾンジプロピオン酸エステルを配合しています。
湿疹や皮膚炎など、幅広い皮膚疾患に対応します。

トリダームクリーム(ステロイド剤) 効能

ベタメタゾン配合の外用薬は、ステロイド(副腎皮質ホルモン)の中でも代表的なものです。

ステロイド(副腎皮質ホルモン)外用薬は強さによって1群〜5群まで5段階に分かれていますが、トリダームクリーム(ステロイド剤)は3群(強い)に分類され、適度な強力性でさまざまな症状に使用できます。

トリダームクリーム(ステロイド剤)の成分であるベタメタゾンは、主に湿疹や、各皮膚炎(日光皮膚炎を含む)、皮膚掻痒症、虫刺され、乾癬や苔癬、紅班症、やけどや凍瘡などに用いられます。
また円形脱毛症や、痔核の治療にも処方される薬です。

炎症をともなう痛みやかゆみ、腫れ、赤みなどを軽減するほか、ケロイドのような傷跡において、組織の増殖を抑える作用もあります。

ただしステロイド(副腎皮質ホルモン)外用薬は刺激が強いのと、疾患を原因から根治させるものではないため、長期的な使用には向いていません。

トリダームクリーム(ステロイド剤) 用法

トリダームクリーム(ステロイド剤)は通常、1日1〜数回、直接患部に塗布・塗擦、あるいは無菌ガーゼ等にのばして貼付します。

トリダームクリーム(ステロイド剤) 使用上注意

  • 広範囲なやけど、潰瘍のある皮膚には長期間の連用はしない。
  • 症状の改善がみられない場合または症状の悪化をみる場合は使用中止する。
  • 眼科用として使用しない。
  • 治療以外の目的(化粧下・ひげそり後など)には使用しない。

トリダームクリーム(ステロイド剤) 成分

ベタメタゾンジプロピオン酸エステル 0.64mg
クロトリマゾール 10mg
ゲンタマイシン硫酸塩

<注意!>この医薬品 トリダームクリーム(副腎皮質ステロイド) は国内では医師の処方が必要な要指示薬です。上記薬品の説明文は各製品の販売国においての説明書記載内容(英文)を要約したもので、用法用量などが日本国内の医師・薬剤師の指示とは異なる場合があります。従って輸入医薬品の使用にあたっては、ご自身の責任において参考までとしていただき、詳しくは担当医または薬剤師にご相談下さいますようお願い致します。当社ではいかなる責任も負いかねますことをご了解ください。

トリダームクリーム(副腎皮質ステロイド)の口コミ

  ただ今の口コミ数:0
口コミを書く
ページトップへ
  • 初めてご利用の方はコチラ
  • 商品リクエスト
  • メール受信テスト
荷物追跡サービス
ペッツドラッグ
モバイルサイト
モバイルQRコード
カレンダー
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
お問い合わせ