ドロカルプ(犬用鎮痛剤)

ドロカルプ(犬用鎮痛剤) の画像
リマダイルのジェネリックで犬用非ステロイド系消炎鎮痛剤です。関節炎、リウマチや大型犬・老齢犬の関節の痛みに処方されます。

※この商品は日本以外への発送は出来ません。

香港発送配送無料
到着予定日
現在の支払い方法
先払いで10%OFF!
ドロカルプ(犬用鎮痛剤) 1箱(6錠)
 
取扱終了
ドロカルプ(犬用鎮痛剤) 2箱(12錠)
 
取扱終了
ドロカルプ(犬用鎮痛剤) 3箱(18錠)
 
取扱終了
カート下画像
セール会場はコチラ!

ドロカルプ(犬用鎮痛剤) について

製品名 Dolocarp
製造元 DOSCH Pharmaceuticals Pvt.Ltd.
主成分 カルプロフェン50mg
内容量 6錠 / 箱
関連薬 カルプロフェン(カルプロヒール)50mg
リマダイル25mg チュアブル
リマダイル75mg チュアブル
リマダイル100mg チュアブル
リマダイルジェネリック20mg
発送国: 香港発送
送料無料REG(国際書留)
発送完了から10-14日到着予定

ドロカルプ 詳細

ドロカルプはリマダイルのジェネリックで犬用非ステロイド系消炎鎮痛剤です。

ドロカルプは、ファイザー製薬のリマダイル(Rymadyl)のジェネリック製品です。
先発薬のリマダイルは、犬の関節痛を和らげるお薬として世界中で処方されています。

ドロカルプは、愛犬の関節炎、リウマチや大型犬・老齢犬の関節の痛みに処方される犬用非ステロイド系消炎鎮痛剤です。

動く際に痛みが生じる関節の疾患「変形関節症」の痛みを緩和する目的でよく使われており、ドロカルプは投与後約3時間で消炎鎮痛効果を発揮します。
また、有効成分のカルプロフェンは他の犬用痛み止めよりも安全で休薬期間の必要がなく、長期投与が可能です。

◎犬用鎮痛剤 ドロカルプが使用される疾病例◎
●慢性関節炎
●腹腔内腫瘍、胸腔内腫瘍、骨転移などの癌性疼痛
●急性整形外科疾患
●椎間板ヘルニア
●術後疼痛管理

ドロカルプ 用法用量

◎犬用鎮痛剤 ドロカルプの用法用量◎
体重1kg当たりカルプロフェン4.4mgを1日量として、1日1回または分割して投与してください。
2回に分けて与える場合、1回毎の使用量が同量になるように分割してください。
※使用前に必ず獣医師に相談し、用法用量は獣医師の指示に従ってください。

◎犬用鎮痛剤 ドロカルプの副作用◎
体重1kg当たりカルプロフェン4.4mgを1日量として投与した場合の調査で、深刻な副作用の発現の報告はありません。
まれに副作用として胃腸障害などが報告されいますが、胃粘膜保護剤やH2受容体拮抗薬などと併用するとより安全に使用できます。
もし投与期間中に犬に異常が見られた場合は投薬を中止して獣医師に相談してください。

◎ペットへの注意事項◎
犬用の鎮痛剤です。猫には使用しないで下さい。
●衰弱、高齢、治療中、妊娠中あるいは授乳中の犬には、慎重に投与して下さい。
●他の医薬品やサプリを服用中もしくは同時に服用させる場合には、必ず獣医師にご相談下さい。
●本剤を保存する場合は直射日光を避け、なるべく湿気の少ない所に保管して下さい。

ドロカルプ(犬用鎮痛剤)の口コミ

評価:5点  5点   ただ今の口コミ数:1
口コミを書く
さん

評価: 5点


シニア犬のため足腰が弱ってきました。
変形関節症で鎮痛剤は必要です。
安くて助かります。
またお願いします。
ページトップへ
  • 初めてご利用の方はコチラ
  • 商品リクエスト
  • メール受信テスト
荷物追跡サービス
ペッツドラッグ
モバイルサイト
モバイルQRコード
カレンダー
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
お問い合わせ