ナプロキセン 250mg

ナプロキセン 250mg の画像

実際の商品が画像と異なる場合があります。

効き目が早いのが特徴で、痛風発作時の頓服薬として有用です。
タイ発送配送無料
到着予定日
現在の支払い方法
先払いで10%OFF!
ナプロキセン250mg (50錠)
4,600
カートへ
ナプロキセン250mg (100錠)
7,800
カートへ
カート下画像

ナプロキセン 250mg について

製品名: Naprosyn 250mg
一般名: ナプロキセン
製造元: Roche
薬効分類: 鎮痛薬(プロピオン酸系)
日本名: ナイキサン,モノクロトン,ナロスチン
内容量: 10錠 / シート
発送国: タイ発送
送料無料REG(国際書留)
発送完了から7-10日到着予定
関連商品: NAPROXEN250 ナプロキセン
ロキソニン
ゴフェン(イブプロフェン)
バフレックス(イブプロフェン)
ナプロキセンLE(解熱鎮痛消炎剤/非ステロイド)

インフォメーション

ナプロキセンは、非ステロイド抗炎症薬の「プロピオン酸系NSAID」に分類される鎮痛薬です。解熱、鎮痛、消炎作用を均等にもち、さまざまな痛みに広く用いられます。
鎮痛薬としては、効き目が早いのが特徴で、痛風発作時の頓服薬として有用です。

ナプロキセン効能

  • 下記疾患の消炎、鎮痛、解熱
    (関節リウマチ、変形性関節症、痛風発作、強直性脊椎炎、腰痛症、肩関節周囲炎、頸肩腕症候群、腱・腱鞘炎、月経困難症、帯状疱疹)
  • 外傷後並びに手術後の消炎、鎮痛
  • 歯科・口腔外科領域における抜歯並びに小手術後の消炎、鎮痛

ナプロキセン用法用量

通常、成人にはナプロキセンとして1日量300〜600mgを2〜3回に分け、なるべく空腹時をさけて経口投与する。
痛風発作には初回400〜600mgを経口投与する。
頓用する場合及び外傷後並びに術後初回には300mgを経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。

ナプロキセン基本的注意

  • 慢性疾患(関節リウマチ、変形性関節症等)に対して長期服用する場合には、定期的に臨床検査(尿検査、血液検査及び肝機能検査等)を行うこと。
  • 急性疾患に対し本剤を用いる場合には、炎症(急性)、疼痛及び発熱の程度を考慮し、原則として同一の薬剤の長期投与を避けること。
  • 他の消炎鎮痛剤との併用は避けることが望ましい。
  • 高齢者、小児及び虚弱者には、副作用の発現に特に注意し、必要最小限の使用にとどめるなど慎重に用いること。

ナプロキセン主な副作用

胃腸障害、腹痛・胃痛・胃部不快感、悪心・嘔吐、食欲不振、発疹、浮腫 など

<注意!>この医薬品 ナプロキセン 250mg は国内では医師の処方が必要な要指示薬です。上記薬品の説明文は各製品の販売国においての説明書記載内容(英文)を要約したもので、用法用量などが日本国内の医師・薬剤師の指示とは異なる場合があります。従って輸入医薬品の使用にあたっては、ご自身の責任において参考までとしていただき、詳しくは担当医または薬剤師にご相談下さいますようお願い致します。当社ではいかなる責任も負いかねますことをご了解ください。

ナプロキセン 250mgの口コミ

評価:4.6点  4.6点   ただ今の口コミ数:7
口コミを書く
さん

評価: 4点


私は慢性的な関節リウマチに悩まされていて、病院に行って診てもらってそこで処方された薬を服用してもなかなか良くなりませんでした。
そのためどうしたら良いか困っていたのですが、その時にインターネットで情報を集めていた時に知ったのがナプロキセンでした。
海外のサプリメントなので個人輸入から取り寄せることにしたのですが、値段が良心的な点が気に入って購入することにしました。
そしてナプロキセンを服用してから段々と調子が良くなって来たので、本当に良かったと思っています。
さん

評価: 4点


私は鎮痛剤の常備薬としてナプロキセンを家に置いています。
一番使用するのは生理痛の時に1錠だけ飲むのですが、服用してからの効き目が早いのが助かっています。

私の場合空腹時に服用すると胃痛に襲われますので、何か食べてから、念のために胃薬と一緒に飲むようにしています。一箱に100錠入っていて、使用目的も幅広いのでとても助かっていますヽ(^o^)丿

さん

評価: 5点


年齢と共に階段の上り下りが辛くなってきていました。
病院で診察を受けたところ「関節リウマチ」と診断をされました。
特に冬の寒い時期や梅雨時はイスに座ることも立ち上がることも辛くどうにかならないものかと悩んでいました。
そこで、出会ったのがナプロキセンです。
ナプロキセンは、祖母が、痛風の発作が起きたときの特効薬として飲んでいたものでした。
効き目が早く痛み出すとすぐに飲むようにしています。
季節の変わり目には特に手放すことができません。
もっとみる