パーロデル(プロラクチン分泌抑制)

パーロデル(プロラクチン分泌抑制) の画像
パーロデル 商品画像 パーロデル メーカー パーロデル 錠剤
パーロデル(プロラクチン分泌抑制)は、高プロラクチンによる排卵障害や乳汁漏出症などの治療に用います。
また、パーキンソン病の症状を改善する作用もあります。
タイ発送配送無料
到着予定日
現在の支払い方法
先払いで10%OFF!
パーロデル 1箱(30錠)
 
品切れ中
パーロデル 2箱(60錠)
 
品切れ中
カート下画像
ログイン割引 セール会場はコチラ!

パーロデル(プロラクチン分泌抑制) について

製品名: Parlodel 2.5mg
一般名: ブロモクリプチンメシル酸塩
製造元: ノバルティス・ファーマ
薬効分類: パーキンソン病の薬 / 生理に関する薬
日本名: パーロデル
内容量: 30錠 / 箱
関連の薬: ブロマーゴン2.5mg
発送国: タイ発送
送料無料REG(国際書留)
発送完了から7-10日到着予定

パーロデル(パーキンソン病治療) 特徴

パーロデル(パーキンソン病治療)は、プロラクチンというホルモンの分泌を抑えるお薬です。
高プロラクチンによる排卵障害や乳汁漏出症などの治療に用います。

また、パーキンソン病治療薬として用いられます。

パーロデル(パーキンソン病治療) 用法用量

病気や症状によりより用法用量が異なります。医師の指示に従って下さい。

≪パーキンソン症治療薬としての用法用量≫
通常ブロモクリプチンとして、1日1回1.25又は2.5mgを朝食直後に経口服用から始めます。1又は2週ごとに1日量として2.5mgずつ増量し、維持量(標準1日15.0〜22.5mg)を定めます。

1日量は、ブロモクリプチンとして5.0mgの場合は朝食及び夕食直後に、7.5mg以上の場合は毎食直後に分けて経口服用します。

パーロデル(パーキンソン病治療) 副作用

吐き気や食欲不振、胃の不快感、便秘などの胃腸症状。

また、めまいを感じたり、立ちくらみを起こすこともあります。
立ちくらみは、飲み始めに起こりやすいです。急に立ち上がったりしないで、ゆっくり動作するようにしましょう

パーロデル(パーキンソン病治療) 基本的注意

妊娠・授乳中の方、妊娠している可能性のある方は、本品をご使用になる前にかかりつけの医師にご相談ください。
子供の手の届かない場所に保管下さい。
湿気のない涼しい場所に保管して下さい。

<注意!>この医薬品 パーロデル(プロラクチン分泌抑制) は国内では医師の処方が必要な要指示薬です。上記薬品の説明文は各製品の販売国においての説明書記載内容(英文)を要約したもので、用法用量などが日本国内の医師・薬剤師の指示とは異なる場合があります。従って輸入医薬品の使用にあたっては、ご自身の責任において参考までとしていただき、詳しくは担当医または薬剤師にご相談下さいますようお願い致します。当社ではいかなる責任も負いかねますことをご了解ください。

パーロデル(プロラクチン分泌抑制)の口コミ

  ただ今の口コミ数:0
口コミを書く
ページトップへ
  • 初めてご利用の方はコチラ
  • 商品リクエスト
  • メール受信テスト
荷物追跡サービス
ペッツドラッグ
モバイルサイト
モバイルQRコード
カレンダー
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
お問い合わせ