ベイスンジェネリック0.2mg(Prandial)

ベイスンジェネリック0.2mg(Prandial) の画像
ベイスンジェネリック0.2mgはボグリボースという有効成分を含有した薬です。
食後の血糖値の上昇を抑える効果があるので、糖尿病や耐糖能異常の治療に用いられています。

※この商品は日本以外への発送は出来ません。

香港発送配送無料
到着予定日
現在の支払い方法
先払いで10%OFF!
ベイスンジェネリック0.2mg(Prandial) 30錠 [香港発送]
2,600
カートへ
ベイスンジェネリック0.2mg(Prandial) 60錠 [香港発送]
3,600
カートへ
ベイスンジェネリック0.2mg(Prandial) 90錠 [香港発送]
4,600
カートへ
カート下画像

ベイスンジェネリック0.2mg(Prandial) について

製品名: Prandial MD
一般名: ボグリボース
製造元: Cipla Ltd.
薬効分類: 糖尿病治療薬
日本名: ベイスンジェネリック0.2mg
内容量: 30錠 / 箱
発送国: 香港発送
送料無料ePac便(国際eパケットライト)
発送完了から10-14日到着予定
関連商品: グルコファージ(糖尿病治療薬)500mg
ノボノーム(シュアポストと同成分)
グルコバイ100mg
トラジェンタ5mg(糖尿病の薬)

ベイスンジェネリック0.2mgの特徴

ベイスンジェネリック0.2mgはボグリボースという成分を有効成分としており、食後の血糖値の上昇を抑える効果があります。そのため糖尿病の治療や耐糖能異常の治療に用いられています。

食事をした後は血液中の糖分が急激に上昇しますが、一般的にはすい臓から分泌されるインスリンというホルモンによって適切にコントロールされます。
糖尿病は何らかの原因でインスリンが上手く分泌されない病気で、そのままの状態が続くと様々な合併症を引き起こすことが分かっています。

ベイスンジェネリック0.2mgに含まれているボグリボースには、小腸の粘膜に存在しているαグルコシダーゼという酵素の働きを抑制する作用があります。
αグルコシダーゼにはご飯や麺類などの炭水化物をブドウ糖に分解する作用があるので、αグルコシダーゼの働きを抑制することで血糖値の大幅な上昇を抑えることができます。
インスリンの分泌を促すわけではないので、すい臓に大きな負担をかけることもありません。

ベイスンジェネリック0.2mgは従来までの糖尿病治療薬とは作用機序が異なっており、αグルコシダーゼ阻害薬と呼ばれることもあります。
糖尿病の一歩手前の状態である耐糖能異常の人にも効果がありますが、糖尿病治療では運動療法や食事療法を行うことが重要と考えられています。
そのため薬を服用するだけではなく、運動療法や食事療法を併せて行うことがとても大切になります。

ベイスンジェネリック0.2mgの成分

ボグリボース

ベイスンジェネリック0.2mgの用法用量

1錠を1日3回、食事の直前に経口服用してください。
糖尿病の治療に用いられる場合には、十分な効果が現れなかった場合のみ1.5錠まで増量することがあります。

ベイスンジェネリック0.2mgの副作用

下痢や腹部の膨満感などがあります。
激しい腹痛が続く場合は、医師にご相談ください。

<注意!>この医薬品 ベイスンジェネリック0.2mg(Prandial) は国内では医師の処方が必要な要指示薬です。上記薬品の説明文は各製品の販売国においての説明書記載内容(英文)を要約したもので、用法用量などが日本国内の医師・薬剤師の指示とは異なる場合があります。従って輸入医薬品の使用にあたっては、ご自身の責任において参考までとしていただき、詳しくは担当医または薬剤師にご相談下さいますようお願い致します。当社ではいかなる責任も負いかねますことをご了解ください。

ベイスンジェネリック0.2mg(Prandial)の口コミ

  ただ今の口コミ数:0
口コミを書く