プロゲスタン

プロゲスタン の画像
プロゲスタンは薬効成分にプロゲステロンを配合し、月経前症候群や産後うつ病などを治療する薬です。
また、プロゲステロンは不妊治療にも有効なことから近年不妊治療薬として使用されています。

※この商品は日本以外への発送は出来ません。

香港発送配送無料
到着予定日
現在の支払い方法
先払いで10%OFF!
プロゲスタン100mg 1箱(30錠) [香港発送]
2,600
カートへ
プロゲスタン100mg 2箱(60錠) [香港発送]
3,900
カートへ
プロゲスタン200mg 1箱(30錠) [香港発送]
3,800
カートへ
プロゲスタン200mg 2箱(60錠) [香港発送]
5,900
カートへ
カート下画像

プロゲスタン について

製品名: Progestan
一般名: プロゲステロン
製造元: Kocak FARMA ilac ve Kimya Sanayi A.S.
薬効分類: 女性ホルモン剤
日本名: プロゲスタン
内容量: 30錠/箱
発送国: 香港発送
送料無料ePac便(国際eパケットライト)
発送完了から10-14日到着予定
関連商品: プロゲストゲル(黄体ホルモン剤)
フェモストン (1mg/5mg)、(1mg/10mg)
ウトロゲスタン100mg
ノルコルト(プリモルトNのジェネリック)
アクティベル
中用量ピル ONEDAY ワンデイ(28錠)
低用量ピル Gynera ジネラ(28錠)

プロゲスタンの特徴

プロゲスタンは、薬効成分にプロゲステロンを配合し、月経前症候群や産後うつ病などを治療する薬です。
日本ではプロゲステロン製剤は生殖補助医療薬の黄体補充の膣錠として適応されてきました。

プロゲステロンとは黄体ホルモンのことで排卵の成長を促進するエストロゲンとともに、受精卵の着床に重要な役割を果たす女性ホルモンで、卵巣の黄体から分泌され、子宮内膜を充実させて受精卵の着床をサポートし、妊娠の継続に関わり、またプロゲステロンは子宮金の緊張を緩める働きもあります。
黄体ホルモンが不足すると月経前症候群や産後鬱などの症状が現れるのですが、これらの症状にはプロゲスタンを服用することで黄体ホルモンを補充すると効果的です。

プロゲスタンは飲み薬ですが、膣剤として使用することもできます。

実際にプロゲスタンを利用した人からは、「座薬として使っていますが入れた直後から熱くなってくる感じがするので効いているのが分かります」「中年女性にとっては薄毛予防にもなります」「他の女性ホルモンの薬は太りましたが、プロゲスタンだけは食事制限をきちんとすれば太ることはないです」「月経前症候群がひどかったのですが、肩こりやイライラなど精神的な部分が楽になりました」などと喜びの声が届いています。
ただ女性ホルモン成分は血液をどろどろにする副作用も伴うので、オメガ3脂肪酸など血液サラサラ成分も一緒に摂取することが勧められています。

プロゲスタンの成分

プロゲステロン

プロゲスタンの用法用量

月経周期の15日目から26日目に、1日当たり2カプセルを就寝前に服用します。
膣譲として使用するなら1回1カプセルを1日2回採卵日から最長10週間膣内に投与します。

プロゲスタンの副作用

副作用として、乳房が腫れて痛みが出てきたり、むくみや体重増加、胃腸障害などが見られます。
また妊娠中や妊娠の可能性がある方は必ず服用前には医師に相談するように注意が必要です。

プロゲスタンの注意事項

ご使用の際は医師の診察を受け正しくご使用ご使用ください。

<注意!>この医薬品 プロゲスタン は国内では医師の処方が必要な要指示薬です。上記薬品の説明文は各製品の販売国においての説明書記載内容(英文)を要約したもので、用法用量などが日本国内の医師・薬剤師の指示とは異なる場合があります。従って輸入医薬品の使用にあたっては、ご自身の責任において参考までとしていただき、詳しくは担当医または薬剤師にご相談下さいますようお願い致します。当社ではいかなる責任も負いかねますことをご了解ください。

プロゲスタンの口コミ

  ただ今の口コミ数:0
口コミを書く