ゾコール(シンバスタチン錠)10mg/20mg

ゾコール(シンバスタチン錠)10mg/20mg の画像
ゾコール10mg/20mgはHMG-CoA リダクターゼ(還元酵素)阻害物質で、血液中のトリグリセリド値とコレステロール値を下げるために使われます。
タイ発送配送無料
到着予定日
現在の支払い方法
先払いで10%OFF!
ゾコール10mg 30錠
9,600
カートへ
ゾコール20mg 30錠
12,700
カートへ
カート下画像

ゾコール(シンバスタチン錠)10mg/20mg について

製品名: ZOCOR
一般名: シンバスタチン
製造元: Merck Sharp & Dohme
薬効分類: 高脂血症の治療薬 / 高脂血症用剤
日本名: ゾコール
内容量: 30錠
発送国: タイ発送
送料無料REG(国際書留)
発送完了から7-10日到着予定
関連商品: スプラリプNT(コレステロール低下)
クレストール錠(高脂血症治療薬)10mg/20mg
カデュエット
リバロ錠2mg

インフォメーション

ゾコール10mg/20mgはHMG-CoA リダクターゼ(還元酵素)阻害物質で、血液中のトリグリセリド値とコレステロール値を下げるために使われます。

ゾコール(シンバスタチン錠)10mg/20mg効能

高コレステロール血症、家族性高コレステロール血症。

ゾコール(シンバスタチン錠)10mg/20mg用法用量

一般的な用法として、成人は1日1回、夜に5〜10mg服用してください。
通常の維持量は、1日1回、夜に5〜40mgです。
4週間の間隔で、必要と耐性に応じて用量を調節してください。
1日最高用量:40mg

ゾコール(シンバスタチン錠)10mg/20mg一般的注意

次のいずれかに該当する場合は、他の薬を選んだほうがいいかもしれません。
ゾコール10mg/20mgを使用する前に、必ず医師に相談してください。


  • シンバスタチンに対してアレルギーがある
  • 活性の肝疾患を患っている
  • 原因不明のまま肝機能検査値が続けて上昇している
  • 授乳中である
  • 妊娠している、または妊娠の疑いがある

ゾコール(シンバスタチン錠)10mg/20mg主な副作用

  • めまい、吐き気、胃痛、おなら、むねやけ等の症状は一時的な副作用ですので、継続する場合は医師にご相談ください。
  • 筋肉の痛み、圧痛、虚弱になる、発熱、不安感、頭痛、発疹、肌や目が黄色くなる、嘔吐、食欲減退がある場合には直ちに医師に確認してください。

<注意!>この医薬品 ゾコール(シンバスタチン錠)10mg/20mg は国内では医師の処方が必要な要指示薬です。上記薬品の説明文は各製品の販売国においての説明書記載内容(英文)を要約したもので、用法用量などが日本国内の医師・薬剤師の指示とは異なる場合があります。従って輸入医薬品の使用にあたっては、ご自身の責任において参考までとしていただき、詳しくは担当医または薬剤師にご相談下さいますようお願い致します。当社ではいかなる責任も負いかねますことをご了解ください。

ゾコール(シンバスタチン錠)10mg/20mgの口コミ

  ただ今の口コミ数:0
口コミを書く
お買い物カゴ
 
モバイルサイト
モバイルQRコード