ジンナット250mg

ジンナット250mg の画像
ジンナット250mg画像 ジンナット250mgメーカー ジンナット250mg錠剤
細菌の細胞壁合成を抑制することで、殺菌効果がでるセフェム系抗生物質です。感染症の治療に用います。

※香港商品は日本以外への発送は出来ません。

タイ発送香港発送配送無料
到着予定日
現在の支払い方法
先払いで10%OFF!
ジンナット250mg 1箱 [タイ発送]
 
入荷待ち
ジンナット250mg 2箱 [タイ発送]
 
入荷待ち
ジンナット250mg 3箱 [タイ発送]
 
入荷待ち
ジンナット250mg 1箱 [香港発送]
2,500
カートへ
ジンナット250mg 2箱 [香港発送]
3,500
カートへ
ジンナット250mg 3箱 [香港発送]
4,200
カートへ
カート下画像

ジンナット250mg について

製品名: Zinnat tablets 250mg
一般名: セフロキシム アキセチル
製造元: ジンナット250m製造元
薬効分類: 抗ウイルス剤 / セフェム系抗生物質 / 梅毒 / 淋菌性尿道炎(淋病)
日本名: ジンナット250mg、オラセフ錠250mg
内容量: 10錠 / 箱
発送国: タイ発送
送料無料REG(国際書留)
発送完了から7-14日到着予定
発送国: 香港発送
送料無料ePac便(国際eパケットライト)
発送完了から10-14日到着予定
関連商品: ファーマセフ250/500(セフェム系抗生物質)
セフロックス(セフェム系抗生物質)
ファムシクロビル250mg(ファムビルのジェネリック)
メイアクト錠100mg(セフェム系抗生物質)

ジンナット250mg(オラセフ)特長

細菌の細胞壁合成を抑制することで、殺菌効果がでるセフェム系抗生物質です。感染症の治療に用います。
副作用が少なく安全性も高いです。
ペニシリン系抗生物質に比べ、アレルギー症状(ショック等)も少ないです。

皮膚感染症、呼吸器感染症、尿路感染症、眼科感染症、耳鼻科感染症、歯科口腔外科感染症など広い範囲の感染症の治療に使用されます。
グラム陽性菌のほか、大腸菌やインフルエンザ菌(※)などグラム陰性菌に強い抗菌力を発揮します。ただし、緑膿菌には効果がありません。

ジンナット250mg(オラセフ)用法用量

[成人(通常)]
1回1錠(主成分として250mg)を1日3回食後に服用します。
[重症または効果が不十分の場合]
1回2錠(500mg)を1日3回食後に服用します。

治療を受ける疾患や年齢・症状により適宜増減されます。必ず指示された服用方法に従ってください。

ジンナット250mg(オラセフ)主な副作用

【主な副作用】
発疹(小さな赤いブツブツなど)、じん麻疹(プックリと赤く腫れる)
軟便、下痢、腹痛、吐き気
長期服用で、菌交代症(口内炎、カンジダ症)やビタミンK欠乏症(出血傾向)

ジンナット250mg(オラセフ)使用上注意

  • 用法用量を正しく守ってください。 症状、年齢、製剤によって用法用量が異なります。
  • 一般的には、1日3回、毎食後に服用します。コップ1杯ほどの十分な水で飲んでください。
  • 指示された期間きちんと続けましょう。症状によっては、少し長めになるかもしれません。自分だけの判断で止めてしまうと、再発したり治りにくくなるおそれがあります。
  • 通常、3〜4日の服用で治ってきます。効果が見られなかったり、症状が悪化する場合は、早めに受診してください。
  • 乳酸菌の整腸薬と併用し、下痢の予防にすることがあります。
  • 尿糖検査で正確な値が出ないことがあります。

<注意!>この医薬品 ジンナット250mg は国内では医師の処方が必要な要指示薬です。上記薬品の説明文は各製品の販売国においての説明書記載内容(英文)を要約したもので、用法用量などが日本国内の医師・薬剤師の指示とは異なる場合があります。従って輸入医薬品の使用にあたっては、ご自身の責任において参考までとしていただき、詳しくは担当医または薬剤師にご相談下さいますようお願い致します。当社ではいかなる責任も負いかねますことをご了解ください。

ジンナット250mgの口コミ

評価:4点  4点   ただ今の口コミ数:15
口コミを書く
さん

評価: 3点


海外からの取り寄せなので届くまでに少し時間がかかりました。早めに頼んでおく方が良いと思われます。人によってはお腹が緩くなることもあるようですが、抗生剤は大抵そのような副作用があるようです。
さん

評価: 4点


尿路感染症が分かってこちらを購入しました。飲み始めてからだいぶ症状が無くなってきました。痒みや軽い痛みなどもすぐになくなりました。
さん

評価: 4点


ジンナットを飲めば、細菌を原因とする疾患はほとんど治してくれるため、原因はわからないけど体の調子がおかしいと感じたら飲み、それでも良くならないようなら病院に行くというのが経済的ですし、健康保険に頼る分を最低限に出来るので、社会的にも意味があると思いやっています。
もっとみる