アンピシン500mg(ペニシリン系)

アンピシン500mg(ペニシリン系) の画像
幅広い種類の細菌に適応します。細菌にのみ働きかけるので副作用も少なくて安全性が高い抗生剤です。

※この商品は日本以外への発送は出来ません。

香港発送配送無料
到着予定日
現在の支払い方法
先払いで10%OFF!
アンピシン500mg 30錠(シート発送)
 
取扱終了
アンピシン500mg 50錠(シート発送)
 
取扱終了
アンピシン500mg 100錠(1箱)
 
入荷待ち
アンピシン500mg 200錠(2箱)
 
入荷待ち
カート下画像
セール会場はコチラ!

アンピシン500mg(ペニシリン系) について

製品名: AMPISYN-500
一般名: アンピシリン 500mg
製造元: Cipla Ltd. Made in India
薬効分類: ペニシリン系抗生物質 / 淋菌性尿道炎(淋病)
日本名: アンピシン500mg
内容量: 10錠 / シート  100錠 / 箱
発送国: 香港発送
送料無料REG(国際書留)
発送完了から10-14日到着予定

アンピシン500mg(抗生剤)特徴

広域ペニシリンとも呼ばれるβ-ラクタム系の抗生剤です!

幅広い種類の細菌に有効で、ペニシリンでは退治できなかったグラム陰性桿菌にも効果を発揮!
細菌に対してのみ働きかけるから副作用も少なく、安全性も高い抗生剤です。

アンピシン500mg(抗生剤)用法用量

  • 通常、成人は1回250-500mgを1日4-6回経口服用してください。 なお年齢、症状に応じて増減してください。
  • アンピシン250mg服用にあたっては、耐性菌の発現などを防ぐため、原則として感受性を確認し、疾病の治療上必要な最小限の期間の服用にとどめてください。
  • 高度の腎障害がある場合は、服用間隔を空けて使用してください

アンピシン500mg(抗生剤)副作用

●主な副作用
発熱や発疹、じんましん、顆粒球減少、血小板の減少、貧血、AST(GOT)上昇、下痢、食欲不振、口内炎、カンジダ症、ビタミンK欠乏症状(低プロトロンビン血症、出血傾向など)、ビタミンB群欠乏症状(舌炎、口内炎、食欲不振、神経炎など)、梅毒患者におけるヤーリッシュ・ヘルクスハイマー反応(発熱、全身倦怠感、頭痛などの発現、病変部の増悪)

アンピシン500mg(抗生剤)基本的注意

  • 妊娠・授乳中の方、妊娠している可能性のある方は、本品をご使用になる前にかかりつけの医師にご相談ください。
  • 子供の手の届かない場所に保管下さい。
  • 湿気のない涼しい場所に保管して下さい。

<注意!>この医薬品 アンピシン500mg(ペニシリン系) は国内では医師の処方が必要な要指示薬です。上記薬品の説明文は各製品の販売国においての説明書記載内容(英文)を要約したもので、用法用量などが日本国内の医師・薬剤師の指示とは異なる場合があります。従って輸入医薬品の使用にあたっては、ご自身の責任において参考までとしていただき、詳しくは担当医または薬剤師にご相談下さいますようお願い致します。当社ではいかなる責任も負いかねますことをご了解ください。

アンピシン500mg(ペニシリン系)の口コミ

  ただ今の口コミ数:0
口コミを書く
ページトップへ
  • 初めてご利用の方はコチラ
  • 商品リクエスト
  • メール受信テスト
荷物追跡サービス
ペッツドラッグ
モバイルサイト
モバイルQRコード
カレンダー
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
お問い合わせ