idrugmart?????

効果がない?ジェニー(中用量ピル)で避妊効果を高めるための正しい飲み方

      2018/05/30

oral

ジェニーは、低用量ピルよりも多くのホルモンが含有されている「中用量ピル」です。避妊するときには低用量ピルを服用するのが一般的ですが、ジェニーで避妊することも可能です。ここでは、ジェニーを避妊目的で服用するときの飲み方についてまとめました。

 

ピルで避妊できる理由とは

shutterstock_93017344

ピルは確実な避妊方法で、正しく服用すればほぼ100%の確率で避妊できるといわれています。そして、ピルで避妊できるのは「脳が妊娠中だと錯覚するから」です。
女性ホルモンには卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類があり、妊娠したときには卵胞ホルモンの値が高くなります。ピルは、人工的に体内の卵胞ホルモン濃度を上げることによって脳に妊娠中だと勘違いさせるのです。
 
妊娠中だと錯覚した能は、卵胞の成熟および排卵を停止します。体内で排卵が起こらなければ、当然ながら性行為を行っても妊娠することはありません。これが、ピルを飲むことで避妊できるメカニズムです。

 

避妊目的でのジェニー(中用量ピル)の飲み方

0a997b62e25bef1eeb9f7ff89d5596a4_m

避妊目的でジェニーを服用するときには、生理開始後5日目から服用を始め、1日1錠を21日間飲み続けます。その後22日目から28日目までは服用する必要はありませんが、休薬期間後の飲み忘れを防止するためにプラセボ(有効成分が含有されていない薬)を飲みます。
 
なお、月経周期異常や無月経などの婦人科系疾患の治療が目的のときには、1日1回1錠を服用します。避妊目的で服用する場合とは違って休薬期間はないので注意してください。

 

ジェニー(中用量ピル)の服用タイミングは?

45d332709126521eb474ed96f1ab6750_m

ジェニーの服用タイミングは特に決められておらず、自分の好きなタイミングで構いません。しかし、しっかり避妊効果を得るためには毎日同じ時間帯に飲む必要があります。きちんと避妊するためにも、服用タイミングはあらかじめ決めておくようにしましょう。
 
とはいえ、「服用タイミングを決めていたにもかかわらず飲み忘れてしまった」ということもあるかもしれません。このときに気になるのは、「何時間までならずれていいか」ということですよね。1時間のずれも許されないのか、数時間ずれても問題ないのかは重要なポイントです。
 
結論からいうと、数時間のずれであればまったく問題ありません。ピルによる避妊効果がなくなるのは、ホルモンの血中濃度が「有効限界」を下回ったときです。そして、ホルモンの血中濃度が有効限界に達するのは最後の服用からおよそ36時間後だといわれています。

 

もちろん個人差はありますが、12時間以内の誤差であればそれほど心配はいらないといえます。
しかし、最後の服用から48時間経過してしまった場合は完全にアウトです。その場合は次の月経まで待ってから、もう一度服用を開始するようにしてください。

 

避妊目的でピルを飲むなら低用量ピルがおすすめ

shutterstock_53459020

これまでご説明した通り、避妊目的でジェニーを服用することは可能です。しかし、中用量ピルであるジェニーには卵胞ホルモンが多く含まれているため、それだけ副作用が発現する可能性が高くなります。
 
例えば、よくある副作用としては吐き気が挙げられます。これは、体内のホルモンバランスが乱れることによるものです。また、ジェニーを服用すると血栓症のリスクも上がります。血栓症とは血管の中で血液が固まって血流が滞ることで、場合によっては重篤な症状につながります。
 
もちろん低用量ピルでもこれらの副作用が起こる可能性はありますが、卵胞ホルモンの含有量が少ない分だけリスクは下がります。低用量ピルでもほぼ100%の確率で避妊できるため、特別な理由がないのであれば低用量ピルで避妊することをおすすめします。

 

確実に避妊するならピルとコンドームの併用を

shutterstock_681038113

ピルを正しく服用した場合の失敗率は、0.1~0.3%だといわれています。これはコンドームの2%に比べれば非常に低い確率だといえますが、それでも妊娠してしまう可能性はゼロではありません。絶対に妊娠を避けたいのであれば、ピルとコンドームの併用をおすすめします。
 
また、ピルだけでは性感染症を防止できません。「自分のパートナーから移るわけがない」と思ってしまいがちですが、実際に若年層を中心として多くの人が性感染症にかかっています。性感染症は自覚症状がないことも多く、知らないうちにパートナーに移してしまうことがあるのです。
 
性感染症は、悪化すると不妊などにもつながります。避妊を確実にするために、そして性感染症を防止するために、ぜひコンドームを併用するようにしてください。

 

自分に合ったピルを選ぼう

ピルには、低用量ピル、中用量ピル、高用量ピルの3種類があり、もっとも多用されるのは安全性の高い低用量ピルです。しかし、一番大切なのは「自分に合ったピルを服用する」ということです。クリニックでよく相談し、適切なものを選んでもらいましょう。
 
もしジェニーなどの中用量ピルを服用するのであれば、低用量ピルを服用するとき以上に自分の体調の変化に気を配る必要があります。必ず正しい服用方法を守り、異常を感じたときにはすぐに医師の診察を受けるようにしてください。
 
★アイドラッグマートは20年以上の実績で正規品・配送保障!安心してご購入できます!
⇒ジェニーの個人輸入はこちら

 

itm_orlifast

 - 婦人・女性の悩み

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

IMG_0010
ピルと高血圧の関係まとめ【気を付けたい生活習慣と副作用】

避妊薬としてよく使用されているピルですが、やはりホルモン剤であるため身体に様々な …

shutterstock_586967087
ニキビに対するピルの効果まとめ

ピルは、一般的に避妊薬として認知されています。しかし、実はピルには避妊以外にも様 …

ygjdmfsuystu
ボルタレンは辛い生理痛に効く!その理由とは?

生理痛を抑えるために痛み止めを服用する女性は多いですよね。ボルタレンも、生理痛に …

beautiful-2315_1920
今話題のまつ毛美容液ルミガン。本当に効果あるの?

ルミガンは、緑内障およびまつ毛貧毛症の治療薬です。そして、最近ではまつ毛美容液と …

people-2563491_960_720
ルミガンでまつ毛が伸びるって本当?病院で処方してもらえる?

長くて美しいまつ毛は女性の憧れですよね。まつ毛が短くて悩んでいるという人にぜひお …

IMG_8850_f
ジェニー(中用量ピル)の副作用は?服用で気を付けたいこと

ジェニーは、ノルゲストレル・エチニルエストラジオール配合の中用量ピルです。代表的 …

cee442de37130d89f563c6aae7a2e134_s
【お悩み相談】ピルってどこで買えばいいの?

避妊には色々な方法がありますが、確実に避妊したいのであればピルが一番です。コンド …

生理前症候群(PMS)について
生理前症候群の症状について

生理前になると不安やイライラが 生理前症候群(PMS)は、生理前緊張症とも呼ばれ …

shutterstock_584570179
避妊の方法5選【もっとも手軽で試しやすいものは?】

セックスをするときにまず考えなければいけないのは、望まない妊娠を避けるということ …

d409e19a8f506ddd0f428e3b41bb1f02_m
ピルの副作用まとめ

「ピルで避妊をしたいけれど、副作用が怖い…」と、ピルの服用をためらっている人は少 …