idrugmart?????

膀胱炎の治療にはクラビット!副作用はあるの?

   

膀胱炎は女性の5人に1人がかかるといわれている病気で、特に20代~40代はかかりやすいといわれています。ここでは、そんな膀胱炎の治療薬であるクラビットとその副作用についてまとめました。

 

膀胱炎治療には「クラビット」

 

cravit500

膀胱炎は、大腸菌をはじめとした細菌が膀胱に感染して悪さをすることによって起こる病気です。大きく急性膀胱炎と慢性膀胱炎の2種類に分けられ、多くの若い女性が急性膀胱炎にかかります。
 
膀胱炎になったときの主な症状としては排尿後も膀胱に尿が残っているような感覚がする「残尿感」、すぐにトイレに行きたくなる「頻尿」、尿に血が混じる「血尿」、尿が白く濁る「白濁尿」などが挙げられます。また、尿の匂いがきつくなったり排尿痛が生じたりすることもあります。

 

この病気を治療するために病院でしばしば処方されるのが抗生物質であるクラビットです。クラビットはニューキノロン系抗菌薬に分類され、最近のDNA合成を阻害します。多くの菌に対して効果を示すことから医療現場で幅広く活躍しており、尿路感染症や呼吸器感染症、性感染症、結核、外耳炎、中耳炎などの治療に使用されます。

 

クラビットに副作用はある?

IMG_5799

クラビットは、抗生物質の中では副作用が出にくく使いやすい薬だといわれています。とはいえ、やはり医薬品なので副作用が全くないわけではありません。クラビットを服用するときには、どのような副作用が起こり得るのかしっかりと把握しておくようにしましょう。

よくある副作用

よくある副作用としては下痢、吐き気、発熱、AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇などがあります。承認後の使用成績調査における発現頻度はそれぞれ0.24%、0.17%、0.13%、0.09%、0.09%でした。また光線過敏症になる恐れがあるので、クラビットを長期間にわたり服用する人や皮膚が敏感な人は直射日光をできるだけ避けるようにしてください。

重大な副作用

重大な副作用が起こる頻度は決して高くはなく、非常に稀です。ここでは万が一の時のためにクラビットの重大な副作用とその初期症状をご紹介します。それらしき症状が現れたら、すぐに医療機関を受診するようにしてください。

 

・ショック、アナフィラキシー
気持ち悪い、冷や汗、皮膚のかゆみ、じんましん、くしゃみ、息苦しさ、意識混濁など
・中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群
38℃以上の高熱、目の充血、めやに、口唇のただれ、のどの痛み、皮膚の赤み、目が開けにくいなど
・痙攣
めまい、震え、頭痛、手足のしびれ、一時的にぼーっとして意識が薄れるなど
・QT延長、心室頻脈
動悸、徐脈、胸が苦しい、だるいなど
・急性腎不全、間質性腎炎
尿量減少、一時的な多尿、発熱、発疹、関節痛、むくみなど
・劇症肝炎、肝機能障害、黄疸
食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、尿が茶褐色になるなど
・汎血球減少症、無顆粒球症、溶血性貧血、血小板減少
発熱、寒気、のどの痛み、口内炎、出血しやすいなど
・間質性肺炎、好酸球性肺炎
すぐに息切れがする、空咳、発熱など
・偽膜性大腸炎の出血を伴う重篤な大腸炎
激しい腹痛、下痢、発熱など
・横紋筋融解症
手足がしびれる、筋肉が痛む、全身がだるい、力が入らない、尿が赤褐色になるなど
・低血糖
冷や汗、気持ちが悪くなる、寒気、動悸、手足の震え、力が抜ける感じ、強い空腹感、頭痛など
・アキレス腱炎、腱断裂
アキレス腱周辺の異常(腫れやむくみ、痛み)など
・錯乱、せん妄、抑うつ
ない物が見える、ない音が聞こえる、混乱する、取り乱すなど
・過敏性血管炎
発熱、腹痛、関節痛など
・重症筋無力症の悪化
力が抜ける、動作が鈍くなるなど

 

クラビットの服用方法

0a997b62e25bef1eeb9f7ff89d5596a4_m

クラビットを服用するときには、500㎎を1日1回服用します。また、用量を調節する場合も必ず1日1回まとめて服用します。この服用方法は、1日3回に分けて服用するよりも耐性菌が出現しにくいといわれています。
 
耐性菌の出現は、現在クラビットが直面している大きな問題です。耐性菌とは薬剤に抵抗性を持った菌のことで、以前はクラビットがよく効いた菌に対して効果が出ないことが増えてきています。クラビットを使えば使うほど耐性菌が増えるという悪循環があります。
しかし、クラビットは感染症の治療には必要な大切な薬です。少しでも耐性菌の出現を抑えるためにも、安易な服用は避け本当に必要な時だけクラビットを飲むようにしてください。

 

クラビットで膀胱炎を治そう

膀胱炎はよく耳にする病気のため、症状がひどくなければそこまで気にしないという人もいるかもしれません。しかし、膀胱炎が悪化すると腎盂腎炎などに発展する可能性があります。そうならないためにも、初期からしっかりと治療を行うことが大切です。
 
膀胱炎の治療には、クラビットはとても有効です。また、薬での治療に加えて生活習慣を改めることも大切です。トイレを我慢し過ぎない、陰部を清潔な状態に保つ、冷えを防ぐなどを日頃から心掛けるようにしてください。

 

★アイドラッグマートは20年以上の実績で正規品・配送保障!安心してご購入できます!
⇒クラビットの個人輸入はこちら

 

cravit500

 - 性病・細菌感染の薬

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ラシックス 市販
むくみには市販薬よりラシックスがおすすめ

むくみを改善する利尿剤なら医薬品の「ラシックス」がおすすめです。他にも漢方薬やサ …

クラビット 解熱剤 併用
クラビットと解熱剤を安全に併用する方法

高熱が出たときに飲む解熱剤は飲み合わせに注意しなければ思わぬ作用を引き起こすこと …

膀胱炎薬ならクラビットがお勧め
膀胱炎薬ならクラビットがお勧め

膀胱炎薬ならクラビットがお勧め 膀胱炎の治療は、軽度ならば薬を使用せず、自然治癒 …

クラビット クラリシッド 違い
クラビット・クラリシッドの違いと代用について

体に入った菌が原因となる病気は、数多くあります。よく処方されるクラビットとクラリ …

咽頭クラミジアの潜伏期間について
咽頭クラミジアの潜伏期間

咽頭クラミジアの潜伏期間について セックスや性行為を感染ルートとする性感染症には …

ジスロマックで下痢が辛い
ジスロマックで下痢が辛い

ジスロマックで下痢が起こった場合 ジスロマックは、尿路感染症、皮膚感染症、呼吸器 …

クラビット インフルエンザ
インフルエンザのだるい身体を楽にするたった1つの方法

身体が重くて何もできなくなるほど辛いインフルエンザですが、だるさをぐっと軽くする …

クラビット 胃痛 イブ
生理の時に気をつけたい 鎮痛薬・イブとクラビットの飲み合わせ

生理中は、さまざまな症状が同時に出るため、お薬に頼らざるをえません。普段飲み慣れ …

ジスロマック 授乳 妊娠中
妊娠・授乳中でもできる歯周病治療

歯科治療と妊娠・授乳は、同時にはできません。薬や治療によって、赤ちゃんとママの体 …

クラミジアを治療ならジスロマック
クラミジアを治療ならジスロマック

クラミジアの原因、症状とジスロマックによる治療 クラミジアは性行為が原因で感染す …