idrugmart?????

アレルギーのおはなし

   

ぜんそく

ぜんそくは、アレルギー反応などによって気道が狭くなり、呼吸がゼイゼイ、ヒューヒューという音を立てるようになる病気です。咳・痰が出る、すぐ息切れする、明け方に苦しくて目が覚める、などの症状が見られ、重症なときには呼吸困難になって死亡することもあります。

 

アレルゲンや風邪などの刺激によって発作を起こしますが、急性の病気ではありません。

 

気道が炎症によって常に敏感な状態になっている、慢性の病気です。慢性化が続くと気管支の壁が厚くなり、気道が狭くなった状態が固定化してしまいます(=リモデリング現象)。

そうなると治療も難しくなるので、症状の軽いうちから医師に診てもらうことが必要です。

 

花粉症とは

スギやヒノキなどの植物の花粉が原因となって、くしゃみ・鼻みずなどのアレルギー症状を起こす病気です。
咳き込む男性
季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれています。

 

季節性アレルギー性鼻炎(=花粉症)

原因となる花粉の飛ぶ季節にだけ症状があります。鼻の症状(鼻水・鼻づまり)だけでなく、目の症状(かゆみ、なみだ、充血など)を伴う場合が多く、その他にノドのかゆみ、皮膚のかゆみ、下痢、熱っぽい感じなどの症状が現れることがあります。

 

花粉症治療の中心になるのは薬物療法です。

 

 

アレルギー・鼻炎の薬

 - アレルギー・鼻炎

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ベネトリン吸入液の使い方
ベネトリン吸入液の使い方

ベネトリン吸入液の使い方や、気をつけること ベネトリン吸入液とは、サルブタモール …