idrugmart?????

ビタミンの種類とそれぞれの効果について

      2016/08/16

【ビタミンの種類よ効果】

ビタミンは、熱やエネルギーにはなりませんが、吸収された栄養素の効率を高めたり、体調を整えるのに大切な栄養素です。多くのビタミンは、体内で合成されないので、外部から食品として体内に取り入れなければいけません。

■水溶性のビタミン
B1
働き・・・糖質の吸収を助ける。
欠乏症・・・脚気・食欲不振・不眠
含まれる食品・・胚芽・豚肉・豆類・きのこ類・うなぎ
C
働き・・・病原菌への抵抗力
欠乏症・・・・・壊血病・骨折しやすくなる
含まれる食品・・野菜・かんきつ類・いも
B2
働き・・・発育やホルモンの調整
欠乏症・・・口角炎・発育不全神経炎
含まれる食品・・牛乳・卵・肝臓・緑黄色野菜
ナイアシン
働き・・・エネルギー代謝を助ける。必須アミノ酸トリプトファンから体内で合成
欠乏症・・・ペラグラ(手足の甲に紅班が出て、舌、腸に炎症)
含まれる食品・・肝臓・肉類・きのこ・魚類)
B6
働き・・・タンパク質の消化・吸収を助ける
欠乏症・・・皮膚炎・発育制御・貧血
含まれる食品・・殻類・牛乳・肉類

働き・・・血管の抵抗力
欠乏症・・・出血しやすくなる・高血圧
含まれる食品・・みかん・レモン・そば
B12
働き・・・発育の促進・貧血予防
欠乏症・・・悪性貧血
含まれる食品・・肝臓・のり・魚介類・卵
■脂溶性のビタミン

働き・・・カロチンが体内でビタミンAに変わる。新陳代謝の促進・皮膚・粘膜の強化。視力の増加
欠乏症・・・夜盲症・発育不全・皮膚の乾燥
含まれる食品・・緑黄色野菜・肝臓・バター・卵

働き・・・カルシウム・りんとともに、歯・骨を形成日光により体内で合成される
欠乏症・・・くる病・歯や骨の発育不全
含まれる食品・・肝臓・卵黄・牛乳・干しいたけ

働き・・・脂肪の酸化を防ぐ
欠乏症・・・胎児の発育不良・不妊
含まれる食品・・胚芽・ごま・大豆・とうもろこし油

働き・・・血液の凝固作用・成人は体内で合成されるが、新生児にはない
欠乏症・・・出血しやすい・新生児メレナ
含まれる食品・・・キャベツ・ほうれん草・肝臓

 - 各種ビタミン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

関連記事はありませんでした