idrugmart?????

意外に多い!アタラックスPの副作用を確認しよう

      2017/11/16

IMG_0865

アタラックスは、アレルギー疾患の治療を目的に使用される医薬品です。また、不安などの精神症状を改善させる目的で処方される場合もあります。ここでは、そんなアタラックスPの副作用について解説しました。

 

アタラックスPの特徴

IMG_0884 (1)

アタラックスPは、抗ヒスタミン薬と呼ばれる医薬品です。ヒスタミンはアレルギーを発症する原因となる伝達物質で、これを抑えることによりアレルギー症状を抑えることができます。またヒスタミンは脳の覚醒にも深く関与しており、ヒスタミンを抑えることで眠気を誘ったり気持ちを楽にしたりすることができます。
 
複数の作用があるため幅広い領域に使用することができるアタラックスPですが、欠点もあります。それは、副作用が多いということです。アタラックスPは第一世代抗ヒスタミン薬で脳に移行しやすいため、第二世代抗ヒスタミン薬に比べると余計な部位に作用しやすいのです。
そのため、現在はアタラックスPが最初に処方されることは多くありません。他の薬が効かない場合に使用されることが多いようです。

 

アタラックスPの副作用

IMG_5313
アタラックスPは1965年に発売された医薬品のため、改良を重ねられている新しい医薬品に比べると副作用が多めです。ここでは、アタラックスPを服用したときに起こりうる副作用を解説します。服用中に身体に何かしらの異変を感じたら、ためらわずに医師や薬剤師に相談することをおすすめします。

発現率の高い副作用

アタラックスPを服用したときに高確率で発現する副作用としては、眠気、倦怠感、口渇などが挙げられます。副作用頻度を明確にするための使用成績調査は行われていないようですが、文献を用いた再評価によると眠気が起こる確率は2.5%、倦怠感は1.09%、そして口渇は0.53%となっています。
眠気の副作用は、アタラックスPのように不眠の改善に使用される医薬品では発現しやすいようです。アタラックスPを服用している最中は、車の運転などはしないようにしましょう。

重大な副作用

アタラックスPを服用すると、稀に重大な副作用が出ます。確率は決して高くありませんが、万が一のときのために起こりうる重大な副作用とその症状を確認しておきましょう。症状が出ていると思ったら直ちに服用を中止して病院を受診してください。
 
・ショック、アナフィラキシー
じんましんや胸部不快感、呼吸困難、血圧低下などの症状が出ることがあります。
・心室頻脈、QT延長
めまいや動機、胸部の不快感、失神、けいれんなどの症状が出ることがあります。
・肝機能障害、黄疸
皮膚や目が黄色くなることがあります。
・急性汎発性発疹性膿疱症
38℃以上の高熱、皮膚が赤くなる、全身がだるくなる、食欲がなくなるなどの症状が出ることがあります。

その他の副作用

その他の副作用としては、めまい、不安、不随意運動、けいれん、頭痛、不眠、食欲不振、胃部不快感、吐き気、嘔吐、便秘、血圧降下、発疹、かゆみ、じんましん、紅斑などがあります。ほとんどが頻度不明の副作用ですが、これらの副作用が起こる可能性がゼロではないことだけ覚えておきましょう。

 

アタラックスPを服用できない人

db33e563e47fec7abcee9a104117111e_m

禁忌となっているのは、アタラックスPに含まれている成分(セチリジン、ピペラジン誘導体、エチレンジアミン、アミノフィリン)に対して過敏症がある人、そして妊娠している人です。妊娠している人が服用すると奇形児が生まれる可能性などがあるので、妊婦はもちろんのこと妊娠の可能性がある人もアタラックスPは服用できません。
 
また、てんかん、QT延長、肝障害、腎障害、緑内障、重症筋無力症、認知症、前立腺肥大症、狭窄性消化性潰瘍、幽門十二指腸閉塞、不整脈などがある人に対しては慎重投与となっています。高齢者が服用する場合も、十分に注意しましょう。
さらに、他の医薬品を服用している場合はアタラックスPと併用できないことがあります。持病などがあり薬を処方されている場合は、併用しても問題ないかどうかを必ず医師に確認するようにしてください。

 

アタラックスとアタラックスPの違い

dc53449aa5ab21c9dc648de22ca4739b_m

アタラックスPの他に、アタラックスという医薬品もあります。こちらはアタラックスPよりも古い薬で、1958年に発売が開始されています。違いとして挙げられるのは主成分で、アタラックスPはヒドロキシジンパモ塩酸塩、アタラックスはヒドロキシジン塩酸塩を主成分としています。
しかし、実際の効果および副作用はほぼ違いがありません。アタラックスPのほうが苦みを軽減していますが、それ以外には大きな違いはないといえるでしょう。

 

副作用に注意して正しく服用しよう

どんなに改良を重ねられた良い医薬品でも、副作用のリスクはあります。大切なのは、起こりうる副作用を把握したうえで正しく薬を服用することです。こうすることで、薬の効果を得ながら副作用のリスクを最小限にすることができます。
 
アタラックスPは特に副作用が多めの医薬品のため、注意して服用しなければいけません。少しでも体調がおかしいと感じたら、無理をせずに医療機関で診てもらうようにしてくださいね。
 
★アイドラッグマートは20年以上の実績で正規品・配送保障!安心してご購入できます!
⇒アタラックスの個人輸入はこちら

 

atarax

 - アレルギー・鼻炎, メンタル・精神科の薬, 皮膚疾患

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

beautiful-2917156_960_720
インデラルは効く?効かない?口コミをチェックしよう

あがり症に効く薬として注目されているのが「インデラル」です。医療現場では高血圧症 …

shutterstock_511501537
ヒルドイドクリームは目の周りに塗れる?

ヒルドイドクリームは、高い保湿効果があることで有名です。せっかくなら、乾燥しやす …

0a997b62e25bef1eeb9f7ff89d5596a4_m
分服?頓服?インデラルの正しい飲み方を解説します

インデラルは1966年に販売が開始された歴史のある医薬品で、現在に至るまで長い間 …

gari_heart
ヒルドイドフォルテクリームの効能・効果が知りたい!ヒルドイドクリームとの違いは?

ヒルドイドクリームは、皮膚科でよく処方されるためご存知の人も多いですよね。そのヒ …

皮膚疾患のおはなし
皮膚疾患のおはなし

◆水虫◆ 水虫とは白癬菌(はくせんきん)という真菌(カビ)が皮膚(角質層(角層) …

846d19b1e31fdce68876dd954e6b680f_s
ハイプナイトの副作用は?飲んではいけない人はいるの?

不眠症患者に対してよく処方される、ルネスタのジェネリック薬「ハイプナイト」。この …

ab16d0756734d79a1306c3c54117c62c_s
アタラックスの効果・用法および用量・副作用について

アタラックス錠にはアタラックス10㎎とアタラックス25㎎の2種類があり、皮膚疾患 …

atarax
アタラックスってどんな薬?効果や副作用を知ろう

皮膚科でしばしば処方されるアタラックスという薬、名前は聞いたことがあるという人が …

アレルギーのおはなし
アレルギーのおはなし

ぜんそく ぜんそくは、アレルギー反応などによって気道が狭くなり、呼吸がゼイゼイ、 …

d7d0599cf98642e9455a736e41e5cf3f_m
エスゾピクロンの効果とは?添付文書を理解しよう

エスゾピクロンは、超短時間型睡眠薬であるルネスタの成分です。薬を服用する時には、 …